あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

名波浩


(出典 www.nikkansports.com)  【「すげー」森保監督、名波コーチを絶賛!!】の続きを読む


(出典 sportiva.shueisha.co.jp)
森保監督の新しい「懐刀」は名波氏か前田氏か?
【コラム】金子達仁

 28年ぶりの五輪本大会出場を果たしたアトランタ五輪代表を取材していた当時、わたしにとってのメキシコ五輪は教科書の中の歴史だった。

 史実としては知っている。当事者を取材したこともある。それでも、アマチュア時代の栄光が、すでにプロ化していた日本サッカーにどんな関係があるのか、ピンときていなかった。白状すれば、大して役に立たない昔の栄光を振りかざす面倒くさい世代、と思うことすらあった。

 なので、いささか愕然(がくぜん)とする。あの震災から28年が経(た)ったことに。かつては教科書の中の歴史でしかなかった28年前の出来事が、いまなお鮮烈な記憶として残っていることに。

 ただ、それはあくまでも56歳の感覚であり、若い世代にとっては教科書の中の歴史としか感じられなくなっていくのだろうな、とも思う。わたしにとっては依然生々しいいわゆるドーハの悲劇は、もう30年も前の話になる。

 さて、そのドーハの経験者でもある森保監督率いる日本代表の、新たな体制が発表された。斉藤俊秀氏、下田崇氏の2人が留任し、新たに名波浩氏、前田遼一氏が新コーチとして加わった。反町委員長によれば、これは「森保監督の意向を最優先した」人事だという。

 現役時代の名波氏は実に色気のあるゲームメーカーだった。パンチ力のあるストライカーだった前田氏は、最近の日本では少なくなった典型的な背番号9だった。もっとボールを保持したい、決定力のあるストライカーが欲しいと森保監督が考えたのであれば、まあ分からなくはない人事である。

 とはいえ、ジーコがサッカーを教えたらその選手がジーコになれるわけではないように、名波氏が、前田氏がコーチになったからといって、日本代表の問題が解消されるとは思えない。おそらくは森保監督も、自分にない部分を補ってくれればいい、ぐらいの心づもりなのではないか。

 あくまでも個人的な推測なのだが、森保監督が新たなコーチとして名波氏、前田氏を指名したのは、名波だから、前田だからという理由と同じぐらい、自分より下の世代、ということが重要だったのではないか。

 森保監督自身、代表監督になる前にコーチとしてW杯ロシア大会を経験している。そのことの持つ意味の大きさは、彼があちこちのメディアで語っていたが、同じことを、自分より下の世代に経験させたかったのではないか。

 なったことはないし、なれるとも、なりたいとも思わないが、代表監督という立場が、とてつもない重圧にさらされるということは容易に想像がつく。時に自分一人では抱えきれなくなる孤独や重圧を和らげるために多くの監督は知恵袋、あるいは懐刀と呼ばれる存在を身近におく。カタールでの森保監督にとって、それが1歳年上の横内昭展氏ではなかったか。

 つまり、横内氏には、代表チームの強化だけでなく、監督を支えるという仕事もあった。

 さて、今後は誰がその役を担うのだろう。

 知恵袋は、懐刀は、ほぼ例外なく、試合中は監督の隣に座る。クライフにとってのレシャック、ザガロにとってのジーコもそうだった。ならば、最初の親善試合で誰が森保監督の隣に座るのか。個人的には、そこに注目したいと思っている。


(金子達仁=スポーツライター)
(出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)                


(出典 pbs.twimg.com)

名波浩が横内氏の代わりにみたいな記事をどこかで見たような気もするけど、果たして森保監督は決定したコーチ陣をどのように使い、どのようなチームにするのか。誰が監督の右腕になるのかにも注目!


(出典 sakanowa.jp)

「逆に日本代表であのシーンが見れない」名波氏が三笘薫のリバプール戦での動きに対し「チームと代表での使われ方の違い」に言及…相手最終ラインとの駆け引きを見せた後半の場面


 日本時間の1月15日、サッカー日本代表・三笘薫プレミアリーグリバプール戦に先発出場した。

 左ウイングに入った三笘は、序盤からドリブルで好機を作り続けた。カタールワールドカップにも選出されたイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドをスピードとテクニックで圧倒する場面を見せるなど、相手が世界的強豪でもその実力を披露した。
 そんな中で、この試合で解説と務めた名波浩氏が日本代表とチームでのプレーの“違い”に言及する場面があった。それは、後半5分の場面だ。ブライトンのCB2人が最終ラインでボールを回していたところ、前線で駆け引きをしていた三笘目掛けてロングボールを蹴る。リバプールの背後を取った三笘が、そのボールに追いつけば、そのままゴールまで独走する状態となったが、相手GKがペナルティエリアの外まで走り出てきて頭で処理。三笘に得点は生まれなかった。

 この場面を見た名波氏は、「一発背後を狙った三笘の動き出しですけど、ああいうのもね、やり出していますよね、今は。自分がゴールに直結する動きっているのも織り交ぜながら」と、このドリブラーが足技だけではないことを解説。そして、「逆に日本代表であのシーンが見れないんで」と、森保ジャパンにおいても、三笘が前線で駆け引きをする姿を切望するような言葉を残した。

 三笘はカタールワールドカップではドリブルでの打開が求められる場面が多く、また、5バックの一角としてポジションが低いことで、なかなか前に行く場面が見られない時間帯もあった。そんな中で、ドリブルではなく、駆け引きとスピードで裏を狙う動きをチームで見せていることについて、名波氏は可能性を感じたようだ。

 カタールワールドカップ後、森保一監督の続投が決定するも、コーチ陣の入れ替えが決まっており、新たな“相棒”の選定作業が進んでいる。前田遼一氏や中村俊輔氏らの名前が挙がる中、名波氏の名前も一部で取り沙汰されている。

 そんな状態での名波氏の解説だっただけに、仮に本当に森保ジャパンに入閣するとなれば、三笘の起用法に変化が出るのか注目が集まりそうだ。

 なお、試合はブライトンが3-0でリバプールを撃破。三笘は1アシストを決めて、勝利に貢献している。

(出典:サッカー批評Web)      


(出典 img.sp.m.jiji.com)

名波浩が日本代表コーチに入閣し、代表でももっと前線で躍動する三笘薫が見れるか。


(出典 f.image.geki.jp)
「アニキー!」 中村俊輔が初めて抱きついた“恩師アニキ”名波浩との話がぐっとくる

今季限りで現役を引退した元日本代表MF中村俊輔。44歳になった彼は今後、横浜FCでコーチを務めることになる。

その俊輔がDAZNで配信されている「やべっちスタジアム」に出演した。

2017年には当時名波浩監督が率いていたジュビロ磐田に移籍。俊輔と名波氏は日本代表でともにプレーした間柄だった。

矢部浩之さんから「たまらんかったんですよ、(2人の共演を)見ていた人間にとっては。名波監督のもとで中村俊輔がプレーするっていうのが」と話を振られると、俊輔はこう話していた。

「完全に恩師ですね。

自分のことも分かっているし、まずはサッカーを楽しんでほしい感じで自由にやらせてもらった。

練習も楽しいですし、名波さんも楽しそうにいるし、グラウンドで。

違うクラブもあるんだなって感じましたね、移籍して。

また、いやすいように、松井(大輔)っていう選手を俺の近くに寄せたり、すごい気配りが…名波さん。

ご飯も連れていってもらったり、サッカーの話をしたり。

(矢部さんが名波監督は本当に男気があってと言うと)

兄貴っすね!(笑)

俺、初めてですもん。点とって監督に抱きつきに行ったの。あんなの、アニキー!でしょ(笑)」


兄貴肌の名波さんは完全に恩師だったと感謝しているようだ。

実際、2017年の鹿島アントラーズ戦でスーパーゴールを決めた際、俊輔はベンチの名波“兄貴”に抱きついたほど。

ゴールして監督に抱きついたのは初めてのことでもあったそう。

(出典:Qoly Football Web Magazine)               

【ゴール動画】中村 俊輔(磐田)2017/4/22 鹿島アントラーズvsジュビロ磐田 J1リーグ 第8節


(Youtube)

ゴールして監督と抱きつきに行く貴重なシーン。画像の俊輔めっちゃ笑顔!

こちらもおすすめ!

このページのトップヘ