あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

中村憲剛


(出典 img.news.goo.ne.jp)  【日本代表に内田篤人、中村憲剛が”緊急入閣”!!森保監督「代表の血の継承」へ】の続きを読む


(出典 sakanowa.jp)
30周年のJリーグ。内田篤人、中村憲剛、槙野智章らが語った理想の姿【現地取材】

Jリーグ30周年オープニングイベントが、1月25日に東京都千代田区のMY PLAZAホールにて開催された。

トークイベントには、Jリーグチェアマンの野々村芳和氏や女優の観月ありささんのほか、監督としてヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)を同リーグ初代チャンピオンに導いた松木安太郎氏、元Jリーガーの中村憲剛氏、内田篤人氏、槙野智章氏が登壇。同リーグの“これまでと今後”について語り合った。


30年で築かれたJリーグの魅力

最初のトークテーマは、30年の歴史で築かれたJリーグの魅力について。内田氏と中村氏がフリップにキーワードを書いたうえで、観月さんへのプレゼンテーションを行った。

中村氏:(キーワードは)地域密着。ピッチ上のプレーやパフォーマンスは当然なんですけど、Jリーグは今60クラブありまして、ほぼ全国をカバーしている状態です。Jクラブで地域を盛り上げることが可能になっていて、今は社会連携活動というものを行っています。地域の課題解決にJクラブやJリーガーが取り組むことで、お子さん達にJリーガーへの憧れを持ってもらい、(Jリーガーが)お年寄りの方にも活力を与える。ただサッカーをピッチ上でやるだけでなく、ピッチ外の活動をたくさんしているのも魅力だと思うんです。

内田氏:安心と安全。日本は本当にそうです。僕はドイツでプレーしてましたけど、発煙筒が飛びます。警察官や機動隊も、(両チームの)サポーターを会わせないようにしています。そのなかでJリーグは子どもから大人まで通うことができ、安全に家まで帰れる。これはすごく大事で、魅力の一つだと思います。試合だけじゃなくて練習も見に行けます。選手の素顔や会話を見たり聞いたりできるので、Jリーグは魅力的なものになっていると思います。

Jリーグの未来について

中村氏
:(より大事になってくるのが)選手の心構えですね。受けた取材をただこなすのではなく、自分からどんどん出ていくのが大事かなと。僕自身、川崎フロンターレという特殊なクラブ出身なのですが、サッカーとは関わりが薄い教育番組に出演させて頂いたことで、子どもたちや親御さんがスタジアムに足を運んでくれました。(認知拡大の)きっかけなんて、どこにあるか分からない。何でも(出演しなさい)とは言わないんですけど、どんどん出て、話して、発信していくことで(選手たちの)価値が上がっていく。上がることでメディアにももっと出れると思います。

内田氏:今だとInstagram、TikTok、YouTube、色々ありますよね。どこまで出すか(発信するか)という境界線は必要なんですけど、グラウンド上以外の選手の素顔が見れると、魅力の一つになると思います。

松木氏:ゲーム(試合)映像を、もっと色々な場面や場所で見たいですね。地方に行くと、映像を見たくてもなかなか見れないことがあります。(サッカーで大事なのは)ゴールシーンだけじゃないと思うんです。ダイジェストもそう。僕は現役を引退して、監督をやって、その後にテレビのお仕事をさせて頂きました。30年前は、色々と批判されましたね。現場にいた人間が、メディアに出るなんておかしいという、そんな時代も知っています。(この30年でJリーグは)進歩したなと思います。

野々村氏:その地域にあるクラブの映像が、その地域で見れる回数が増えれば、ファンも増える。このための取り組みは確実にしていきます。もちろん、無料で見れるものです。

槙野氏:地方からの底上げは大事かなと。浦和レッズ時代も沢山のメディア活動をしてきましたけど、僕の原点はサンフレッチェ広島時代にあります。地方クラブがローカル番組や、サッカー以外の情報番組に出る。サッカーを知らない方たちに向けて発信する。こうしたことを地方クラブがメディア戦略に組み込むことで、サッカーの層を上げていくことをしないといけないのかなと思います。

1993年5月15日に開幕し、その後も数々の名勝負によって彩られてきたJリーグ。選手個々のプレーやチーム戦術の質の向上も然ることながら、これからも全てのJクラブがその地域の住民に活気を与え、人々の生活を彩る存在であり続けることを願いたい。

(出典:Football Tribe Japan) 


(出典 www4.targma.jp)

W杯の盛り上がりで、それまで興味のなかった人でもサッカーへ少しは関心を持ったはず。Jリーグをメディアや地域から盛り上げ、継続的に日本中がサッカーで盛り上がるようになってくることに期待!

森保監督が掲げる「ハイプレス」と「ビルドアップ」
4年かけて作り上げたチームが世界を驚かせる!!

森保監督“ビルドアップ”にこだわる理由とは…日本のW杯敗戦振り返り「選手達には挑戦してほしい」


 W杯カタール大会に臨むサッカー日本代表の森保監督が20日に放送されたNHKスペシャル「サムライブルー ドイツ攻略 ベスト8への道」(午後9時~)に出演。世界で戦うために「ハイプレス」と「ビルドアップ」という戦術にこだわる理由を説明した。

 番組では元日本代表MF中村憲剛氏がドイツ戦勝利のカギを探るべく日本代表の森保監督と対談。「ワールドカップ(W杯)に向けての日本の戦い方、自分たちが主体的に戦いたいという意図は?」と尋ねると、森保監督は「主体的というとボールを持って相手を圧倒するとイメージされるかもしれないですけど、世界の舞台で相手を圧倒する戦い方というのは、そんな簡単に出来ることではありません。守勢になったとしても自分たちがその状況の中で何が出来るのかという選択と決断をして、苦しい戦いなったとしても自分たちが崩れることなく“主体的”に考えて戦うということをやっていきたいんです」とコメント。日本が自分たちの意志を持って戦うための戦術として「ハイプレス」を選択したと明かした。

 次に中村氏が森保ジャパンの戦術の一つである「ビルドアップ」について試合中にロングボールをあまり蹴らないことが監督の指示なのかと尋ねると、森保監督は「ただ単純にボールを蹴ってもチャンスになることは確率的に低いと思いますし、相手に回収されれば次に何が起こるかというと、我々が守備で振り回さなければいけないということになってしまう」とコメント。ロングボールの欠点である落下点で競り合いに勝てなければ相手にボールを奪われ攻撃を受けることを危惧しているとした。

 さらに森保監督は「守備で振り回されるとどうなるかというと、無駄な体力を使わされて、いざ攻撃しようとした時に体力が保てないことであったり、バランスも悪くなって、結局は押し込まれて疲弊して最後にやられてしまう。過去日本がやられた試合でもそういった場面がありました。だからこそ選手達には(ビルドアップに)チャレンジしてほしいなと思ってます」と説明。これまで日本がW杯で喫した敗戦を振り返り、世界で戦うためには「ハイプレス」と「ビルドアップ」が必要だと考えていることを明かした。

<日本のW杯グループリーグ日程>
初戦 VSドイツ(日本時間23日22時)
第2戦 VSコスタリカ(日本時間27日19時)
第3戦 VSスペイン(日本時間12月2日4時)

(出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)                


体は小さいながら、広い視野からの
卓越したパスセンス、ミドルシュート、
ゴールパフォーマンスでファンから愛された

中村 憲剛(なかむら けんご、1980年10月31日 - )は、東京都小平市出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主にトップ下、ボランチ)。元日本代表。 プロデビューから引退まで川崎フロンターレ一筋のバンディエラであり、引退後の現在はクラブのリレーションズ オーガナイザー(FRO)を務める。…
31キロバイト (3,052 語) - 2022年10月31日 (月) 16:03



(出典 Youtube)



こちらもおすすめ!

このページのトップヘ