あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

ボルシアMG


(出典 img.ananweb.jp)

「これは惚れる」「少女漫画でしか見たことない」日本代表DF板倉滉、チームメイトを"ボール直撃から守る姿"が話題呼ぶ! 直後に言い放ったセリフにもファン歓喜


 ボルシアMGに所属する日本代表DF板倉滉の行動が注目されている。

■咄嗟の行動でチームメイトを救う

 板倉は日本代表における守備の要としてカタールワールドカップ(W杯)に出場。グループEでは全3試合でフル稼働し、ドイツ代表とスペイン代表の撃破に大きく貢献した。累積警告によってラウンド16のクロアチア戦ではプレーできなかったものの、安定したパフォーマンスによって『transfermarkt』が算出する推定市場価格も大幅にアップするなど、国内外から称賛を浴びている。

 帰国後は日本の各メディアに出演するなどして反響を呼んでいる同選手だが、ボルシアMGにて見せた“咄嗟の行動”も大きな話題に。その行動は、9月にクラブ公式YouTubeチャンネルにて公開された練習風景で見せたものだ。

 動画の30秒あたりの場面、誰かが浮き球を蹴ると、ボールはMFハンネス・ヴォルフに向かって一直線。ヴォルフはボールが飛んでくる方向とは真逆に歩いており、このままボールが直撃するかに思われた。しかしその瞬間、大きく跳躍する板倉が画面外から突然登場。それと同時に浮き球を弾き飛ばし、チームメイトへのボール直撃を防いでみせた。

■直後に放ったセリフも話題に

 アクシデントから救った直後、板倉はボールを蹴った人に向かってサムズアップ。さらにヴォルフから「Thank you very much(どうもありがとう)」と伝えられると、爽やかな笑顔とともに「I protect you(俺が守るよ)」と言い放った。

 動画自体は3か月以上前のものだが、SNSでは現在、この場面がファンによって取り上げられて大きな話題を呼んでいる。板倉の行動とセリフに対しては以下のような反応が寄せられた。

「これは惚れる」
「少女漫画でしか見たことない」
「行動がスマートすぎる」
「カッコよすぎんか?」
「やる事なす事イケメンなのいい加減にして下さい」

 ブンデスリーガ再開まで1か月弱。現在はボルシアMGに戻ってトレーニングをこなしている日本代表DFには、次はピッチの上でチームを救う活躍を期待したい。

(出典:サッカー批評Web)                

■動画 板倉がチームメイトをボール直撃から守る姿

(Youtube)

ゴールだけでなくチームメイトも守る!行動と言動が”イケメン”ですね!

■関連リンク

主将・吉田麻也からの「秘薬」パワーで
W杯を「飛躍」の舞台へ!!


(出典 www.sponichi.co.jp)

【日本代表】板倉滉、吉田からの秘薬パワーで復活「1番治ってると感じた」主将の心遣いに感謝


 【ドーハ(カタール)14日=岡崎悠利】サッカー日本代表DF板倉滉(25=ボルシアMG)が負傷からカムバックし、W杯カタール大会の初戦となるドイツ戦(23日)に万全の状態を作れると語った。

 その陰には、DF吉田麻也主将(シャルケ)からの“秘薬”パワーがあった。
 板倉は9月のリーグ戦で、相手選手との接触で右膝内側側副靱帯(じんたい)損傷の大けが。「これはW杯厳しいんじゃないかな」と本人も覚悟する負傷だったが、懸命なリハビリで合流直前のドルトムント戦(11日)で実戦復帰するまでに回復した。

 ボルシアMGは負傷から30分以内にMRI検査を行うなど、充実した医療体制を持つ。またデュッセルドルフにある日本協会のオフィスにはトレーナーが常駐し、チームでの活動を終えた午後は日々オフィスでもリハビリを重ねたという。「なかなかよくなってほしいところが進まない状況になると、多少不安や焦りもあった」と心中も明かしつつ、クラブと日本協会によるサポートに「すごく助かりました」と感謝した。

 同じ場所を負傷した経験を持つ吉田主将とはドイツでの家が近所。リハビリ中は、吉田が靱帯(じんたい)の主成分となるコラーゲンのサプリメントを持って板倉の家を訪れることも多かったという。板倉は「(吉田)麻也くんが僕の家にコラーゲンショットをたくさん持ってきてくれて。それを飲んでいるときが、1番膝が治っているなと感じた」と、冗談めかしつつも主将の心遣いに感謝した。

 日本代表では同じセンターバックで、ポジションを争うライバルでもある。吉田は「日本サッカーのためにやれることをすべてやる。それの結果で滉が出て活躍してくれれば、僕にとっては最高のストーリーだと思う。正しい競争があることがチームにとっていい状態」と語った。苦しいときは手を取り合い、ピッチではスタメンの座を争う。気持ちのいい切磋琢磨(せっさたくま)が、森保ジャパンをまた1つ強くする。
(出典:日刊スポーツ)                


少しの時間だけど、
プレーできたのは日本代表にとって朗報!!
攻撃陣も調子が良さそうなので、日本代表に期待!!


W杯間に合った、板倉滉が2か月ぶり出場で勝利!ボルシアMG 4-2ドルトムント、88分からピッチに立つ。このあと日本代表へ合流

[ブンデス 15節] ボルシアMG 4-2 ドルトムント /2022年11月11日20:30(日本時間12日4:30)/ボルシア・パルク

 ドイツ・ブンデスリーガ15節、ボルシア・メンヒェングラードバッハの日本代表DF板倉滉がボルシア・ドルトムント戦で負傷から復帰した。約2か月ぶりにベンチ入りを果たすと、88分から交代出場でピッチに立ち、チームの4-2の勝利に貢献した。25歳のDFはこのあとカタール・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表に合流する。

 開幕からセンターバックでプレーしてきた板倉だが、9月5日の1.FSVマインツ05戦でDOGSOにより退場処分に。その出場停止で試合に出られなかった際のトレーニングで、左ヒザ側副靭帯を損傷。そこから懸命のリハビリを続けてきた。


 その間にカタール・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表へのメンバー入りが決定。そして当初、チームに合流できないまま日本代表の活動に参加するのではないかと見られていたが、今週からボルシアMGの全体練習にも参加。チームに複数の負傷者が出ていることもあり、ベンチ入りを果たした。

 すると4-2とリードした88分、チーム4点目を決めたクアディオ・コネと代わってピッチへ。守備固めで投入されて勝利に貢献した。

 ボルシアMGのダニエル・ファルケ監督は試合前、「コウは私たちにとって重要な選手です。もちろん1日も早くチームに戻したいと思っていました」と語っていた。


 板倉がコンディションを回復させ、しかもドルトムントに勝利を収め、気持ちよく日本代表に加わる。

(出典:サカノワ)                


(出典 goo ニュース)

W杯には間に合いそうだが、心配なのは試合勘  
無理はせず、少しでも感覚を取り戻して欲しい  


(出典 Goal.com)

日本代表DFの板倉滉がW杯前に戦列復帰へ! 独メディアが中断前最後の公式戦での出場を示唆


 間もなくピッチに立つ姿が見られるのだろうか。  ドイツ・ブンデスリーガのボルシアMGは11月9日、アウェーでボーフムと対戦し、1対2で敗れた。その試合後に、ボルシアMGのダニエル・ファーク監督が、自チームの負傷者について語っており、その中で日本代表の板倉滉の現状についても言及している。

 一方で今月1日にはカタール・ワールドカップの日本代表メンバーに選出されたことで、板倉のコンディションには日本のファンからも高い関心が寄せられていた。

 そして、クラブ指揮官のファーク監督のコメントはドイツ国内の複数メディアが報じており、すでにチームトレーニングを行なっていることや、中断前最後のゲームへの出場の可能性についても語っている。

 クラブ専門サイト『GladbachLIVE』ではファーク監督のコメントを交えながら板倉のコンディションを伝えている。  記事では「コウは、私たちにとって重要な選手だ。もちろん、できるだけ早く彼にフィットしてもらいたい」という指揮官のコメントを掲載。さらに「様子を見て、ドルトムント戦までにできるだけ多くの選手が戻ってくることを期待したい」と語ったとして、チーム状況によっては現地時間10日にホームで行なわれるドルトムント戦への出場もあり得ると記している。

 さらに同メディアでは「イタクラはカムバックに向けて次のステップに進んでいる。おそらく、ボルシアのジャージを着た復帰への過程は、ドルトムント戦の出場で幕を閉じるだろう」との見解を示し、プレー復帰が近いことを強調した 。

 また、ドイツ国内のスポーツ情報を発信する『Sport.de』でも「ボルシアMGのダニエル・ファーク監督は、ウィンターブレイク前のブンデスリーガ最終戦となるドルトムント戦での日本代表コウ・イタクラの復帰を否定していない」として、中断前最後の公式戦での出場を示唆している。

 加えて、同メディアの記事では板倉を「カタールでドイツと対戦する日本の守備的オールラウンダー」とも評している。ドイツ国内でも変わらず高い評価を得ている25歳は多くの人々の期待を受け、いよいよ実戦復帰が現実のものとなりそうだ。

(出典:THE DIGEST)                


(出典 Football Tribe)

板倉滉がトレーニングに復帰 15節ドルトムント戦に出場の可能性?取り戻したい“2ヵ月のブランク”


ブンデスリーガのボルシアMGに所属する板倉滉はここ数年で最も成長した日本人選手の一人だ。
Jリーグでは川崎フロンターレとベガルタ仙台でプレイし、その後プレミアリーグのマンチェスター・シティに引き抜かれた板倉。残念ながらトップチームでプレイする機会はなかったが、オランダのフローニンヘン、ドイツのシャルケで着実に経験を重ね今季からドイツ1部でプレイしている。

その成長速度は目を見張るものがある。シャルケを1部昇格に導くとボルシアMG行きが決まり、新天地ではすぐにセンターバックとしてポジションが与えられた。スイス代表のニコ・エルヴェディとコンビを組み、8月に行われたアウェイでのバイエルン・ミュンヘン戦では先発し1-1と勝ち点を獲得している。 コンビを組むエルヴェディはブンデスで評価の高いCBだが、存在感は板倉も負けていない。対人性能が高く、186cmの長身を武器に空中戦でも強さを見せる。ビルドアップでの貢献度もピカイチだ。 ドイツでここまで戦えるプレイヤーになると、日本代表での地位も自ずと上がる。冨安健洋、吉田麻也不在で迎えたアジア最終予選での終盤は谷口彰悟と共に先発を任され、評価を高めてワールドカップ・カタール大会行きを決めた。 ここまで順調すぎたのか、9月に左膝を負傷しており、11月現在でも戦列に復帰できていない。日本代表は所属クラブと連絡を取っており、板倉の状態を分かった上で招集しているといえるが、コンディション面で不安が残る。 そんな板倉はボルシアMGでW杯前にプレイすることはないと言われていたが、週末のボルシア・ドルトムント戦でメンバー入りする可能性があるようだ。独『GladbachLIVE』によると、全体練習に復帰しており、今後も同様にトレーニングを続けるという。 無理は禁物だが、日本代表のことを考えると少しでも試合感を取り戻した状態で合流できることがベストだ。17日にはカナダ戦が予定されているが、本戦前の実戦はそれのみであり、約2か月間のブランクを取り戻すにはドルトムント戦での出場が望ましい。

(出典:theWORLD(ザ・ワールドWeb))

【祝!日本代表選手選出】板倉滉(メンヘングラートバッハ)プレー集 22/23 ドイツ ブンデスリーガ


(出典 Youtube)

こちらもおすすめ!

このページのトップヘ