あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

ブライトン

(出典  @OfficialBHAFC) 

「ヒーローが帰って来た!」W杯で躍動した三笘薫のブライトン帰還にファン歓喜! ウィンクする姿が反響「最高にcute」「やられた」


「元気そうに練習しててよかった!」

 カタール・ワールドカップで世界に衝撃を与えたドリブラーがクラブに帰還した。

 ブライトンの公式SNSは12月20日、所属する日本代表MF三笘薫がトレーニングに復帰したと動画や画像で報告した。

 森保ジャパンのスーパーサブとして全4試合に途中出場した三笘は、檜舞台でも自慢の打開力を存分に復帰。大金星を挙げたスペイン戦では、「三笘の1ミリ」として話題となったアシストを決めた。                

 だが、ラウンド16のクロアチア戦では、PK戦で失敗。試合後に号泣した。

 大会後はメディアで露出することもなかったため、溌剌とトレーニングする姿にファンも反応。

「おかえり」

「元気そうに練習しててよかった!」

「ミトマの魔法が見たい」

「メッチャカッコいい~」

「ヒーローが帰って来た!」

「彼はスーパーだ」

「待ちきれなかった」

といったコメントが寄せられた。



 また、ウィンクをした場面には

「ウィンクが最高にcute」

「きゃーーーーっ!!!ウィンク頂きました!」

「唐突のウィンクにやられた」

「不意のウィンク死にます」

という声もあがっている。


 ブライトンは26日に開催されるプレミアリーグの第17節で、サウサンプトンと対戦する。W杯中断前に鮮烈なパフォーマンスを見せたドリブラーへの注目は高まるばかりだ。


(出典:SOCCER DIGEST Web)
W杯悔しさ胸に26日から再会されるプレミアリーグでのプレーに期待しかない!!

(出典 cocokara-next.com)

発熱とのことだが、三笘の病状が心配。
回復してW杯のピッチで躍動する三笘の姿を観たい。


(出典 goo ニュース)

ブライトン・三笘が体調不良でベンチ外 指揮官「熱があってプレーできない」

 イングランド1部ブライトンの日本代表MF三笘薫(25)が13日、体調不良のためホームのアストンビラ戦でベンチ外となった。他にも主力数人が欠場しており、デゼルビ監督は試合前に「彼らは病気で、熱があってプレーできない」と説明した。

 W杯出場には影響がないと見られるが、14日に予定されていた日本代表への合流は延期された。さらに回復が遅れれば17日のカナダ戦の出場も微妙になる。

 三笘は右足首の負傷から復帰後、直近の公式戦で2試合連続得点を決めるなど調子を上げていた。W杯でも日本の得点源として期待されているだけに病状が心配される。

(出典:スポニチアネックス)                

(出典 Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN)

【カタールW杯】三笘薫は大丈夫なのか? 体調不良でドーハ入りの予定便キャンセル


 森保ジャパンのMF三笘薫ブライトン)が、体調不良のため予定されたカタール・ドーハ入りの便をキャンセルした。

 三笘は13日に行われたアストンビラ戦で体調不良のためベンチ外となり、デゼルビ監督は「熱があってプレーできない」と説明していた。
              
日本サッカー協会の関係者は13日の森保ジャパンによる練習時に、カタールW杯(20日開幕)に向けて三笘がドーハ入りを予定していた航空便をキャンセルしたと説明。合流が遅れる見込みとなった。
 今後のドーハ入りのスケジュールは現時点では白紙で、体調の回復具合を見ながら合流時期を判断することになる。

 三笘は5日のウルバーハンプトン戦、9日のリーグ杯のアーセナル
戦と2試合連続でゴールを決めるなど絶好調だけに、W杯開幕直前の体調不安は本番に向けて気がかりだ。
(出典:東スポWEB)  


三笘の活躍が止まらない!!

三笘がアーセナル相手に逆転ゴール! 絶好調の公式戦2試合連続ゴール、ブライトンはカラバオ杯4回戦へ


[11.9 カラバオ杯3回戦 アーセナル 1-3 ブライトン]

 カラバオカップは9日、各地で3回戦を行った。MF三笘薫が所属するブライトンは、DF冨安健洋が所属するアーセナルに3-1で勝利。前半20分に先制されるが、同27分に同点に追いつくと、ベンチスタートの三笘は後半開始から投入される。そして1-1で迎えた後半13分、三笘が逆転ゴール。試合をひっくり返し、勝利に貢献した。

 日本人対決は実現せず、三笘はベンチスタートで、冨安はメンバー外となった。試合は前半から動く。アーセナルは前半20分、FWエディ・エンケティアの右足ミドルで先制に成功。しかしブライトンは同27分にFWダニー・ウェルベックがPKを沈め、1-1で前半を折り返した。

 ブライトンはハーフタイムに三笘を投入。10月29日のリーグ戦で初先発となり初アシスト、今月5日のウォルバーハンプトン戦では初ゴールも記録した日本代表MFは、再び結果を残す。

 後半13分、FWジェレミー・サルミエントがPA手前まで運び、PA左にパスを出す。三笘は敵陣内でトラップすると、相手2選手の隙間を縫うように右足シュート。ゴール右隅に決め切り、2-1と試合をひっくり返した。

 ブライトンは後半26分にはDFタリク・ランプティがチーム3点目。そのまま試合は終了し、3-1で4回戦進出を決めた。

 三笘は公式戦2試合連続のゴール。リーグ首位を走るアーセナルに今季ホーム戦で初黒星をつけた。

(出典:ゲキサカ)                


(出典 www.football-zone.net)

2戦連発の三笘薫に現地メディアも手放しで称賛「ブライトンはなんという才能を見出したのだろう」


ブライトンの日本代表アタッカー、三笘薫が2試合連続ゴールで現地メディアからも称賛を受けている。

ブライトンは9日、リーグカップ3回戦でアーセナルと対戦。三笘はベンチスタートとなると、1-1で迎えた後半から出場機会を得る。すると58分、ゴール左から右足で完璧なフィニッシュを決めて逆転弾を記録。71分にも追加点を奪ったブライトンが3-1と勝利している。

地元メディア『Sussex Live』では三笘に「8」と高採点をつけ、「ウルヴス戦での活躍を引き継ぎ、今回もベンチから素晴らしいプレーを披露した。左サイドでセドリック・ソアレスに様々な問題を引き起こし、見事にゴールを決めた」と称賛した。

また、地元メディア『Sussex World』でも「8」の評価となり、寸評では「ハーフタイム後、サルミエントが3月に右サイドに移ったため、左サイドから出場した。ここ数か月の彼のダイナミズムから予想されるように、見事なゴールを決めた。ダニー・ウェルベックのスルーパスをアシストするなど、出場してすぐに頭角を現した。アルビオンは、なんという才能を見出したのだろう」と賛辞を浴びた。

なお、ブライトンは13日にアストン・ヴィラと対戦。その試合を最後に三笘はカタール・ワールドカップへと向かうこととなる。

(出典:GOAL)                


こちらもおすすめ!

このページのトップヘ