あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

ウルグアイ代表

ウルグアイも敗退…。試合終了直前のスアレスの表情が…。

(出典 www.sponichi.co.jp)

試合終盤に韓国の逆転が掲示板で知らされる非情…スアレスら涙、ウルグアイ勝利もガーナとともにGL敗退

[12.2 カタールW杯グループリーグH組 ガーナ0-2ウルグアイ]

 ワールドカップカタール大会のグループHで、ウルグアイ代表がガーナ代表に2-0で勝利した。しかし他会場で韓国代表がポルトガル代表に勝利したため、ウルグアイとガーナはともに敗退が決定した。

 グループHは第2戦を終えてポルトガルが2連勝で決勝トーナメント進出を決定。残す1枠をガーナ、ウルグアイ、韓国の3チームが争うことになった。最も可能性を持つ勝ち点3のガーナは勝てば自力で進出を決定。同1の韓国と同1のウルグアイは勝利が絶対条件となっていた。

 前半から動きの多い試合になった。まずは前半15分、ガーナはFWジョーダン・アイェウのドリブルからのシュートのこぼれ球にMFモハメド・クドゥスが反応すると、GKセルヒオ・ロシェと交錯しながら倒れる。

 主審はファウルなしと判断したが、VARが介入。オン・フィールド・レビューを経ると、主審はガーナにPKを指示。ウルグアイの選手たちも猛抗議したが、覆ることはない。

 12年前のベスト8での対戦でもPKの因縁があった両チーム。今回も同じようにガーナにPKが与えられたが、ウルグアイは守護神ロシェがMFアンドレ・アイェウのPKを見事にストップ。12年前と同じように、ガーナに得点が入ることはなかった。

 すると流れは一気にウルグアイに傾く。前半23分に抜け出したFWダルウィン・ヌニェスが放った絶妙なループシュートはゴール直前でDFモハメド・サリスにクリアされてしまったが、同26分、中盤でボールを奪ってカウンターを発動すると、FWルイス・スアレスのシュートのこぼれ球にMFジョルジアン・デ・アラスカエタが詰めて、先制点を決める。

 さらに前半32分にもスアレスの浮き球パスからアラスカエタがダイレクトで流し込み、あっという間にリードを2点に広げる。アディショナルタイムが8分取られる長い前半となったが、ウルグアイが2点のリードを持って折り返した。

 後半もお互いに攻め合う面白い展開となる。後半13分にはウルグアイはエリア内に入ったヌニェスがDFダニエル・アマーティに止められる。主審は再びファウルなしと判断したが、VARが介入い、オン・フィールド・レビューが行われた。しかし今回はノーファウルと判定が下った。

 試合は2-0のまま終盤に突入。あとは他会場、韓国の結果次第となるが、後半40分ごろにスタジアムの電光掲示板に韓国が2-1でリードを奪ったことが伝えられる。その瞬間にウルグアイの選手たちが状況を把握。このままだと総得点数で下回るウルグアイの敗退が決まるために、ベンチに下がったスアレスらは早くも目に涙を浮かべる。

 ただあと1点取れば得失点差で上回ることが出来るため、1点取れば勝ち上がりを決めることが出来る。後半のアディショナルタイムも8分。同2分にエリア内に入ったFWエディンソン・カバーニが倒されたかに見えたが、笛も鳴ることなく、VARの介入もなし。その後もGKローレンス・アティ・ジギの好セーブに遭うなど、1点が取れなかった。

ガーナvsウルグアイ 試合記録

【カタールW杯グループH第3節】(アルワクラ)
ガーナ 0-2(前半0-2)ウルグアイ


<得点者>
[ウ]ジョルジアン・デ・アラスカエタ2(26分、32分)

<警告>
[カ]カマルディーン・スレマナ(86分)、アリドゥ・セイドゥ(90分+9)
[ウ]ダルウィン・ヌニェス(19分)、ルイス・スアレス2(60分、90分+10)、セバスチャン・コアテス(87分)、エディンソン・カバーニ(90分+10)

<出場メンバー>
[ガーナ]
先発
GK 1 ローレンス・アティ・ジギ
DF 4 モハメド・サリス
DF 18 ダニエル・アマーティ
DF 17 アブドゥル・ラハマン・ババ
DF 26 アリドゥ・セイドゥ
MF 5 トーマス・パーティ
MF 21 サリス・アブドゥル・サメド
(72分→MF 8 ダニエル・コフィ・キェレー)
MF 20 モハメド・クドゥス
(90分+8→FW 7 アブドゥル・ファタウ・イサハク)
MF 10 アンドレ・アイェウ
(46分→FW 11 オスマン・ブカリ)
FW 9 ジョーダン・アイェウ
(46分→FW 22 カマルディーン・スレマナ)
FW 19 イニャキ・ウィリアムズ
(72分→FW 25 アントワーヌ・セメニョ)
控え
GK 12 イブラヒム・ダンラッド
GK 16 アブドゥル・ヌルディーン
DF 2 タリク・ランプティ
DF 14 ギデオン・メンサー
DF 3 デニス・オドイ
DF 15 ジョセフ・アイドゥー
DF 23 アレクサンダー・ジク
MF 6 エリシャ・オウス
FW 13 ダニエル・アフリイェ
FW 24 カマル・ソワー
監督
オットー・アッド

[ウルグアイ]
先発
GK 23 セルヒオ・ロシェ
DF 19 セバスチャン・コアテス
DF 2 ホセ・マリア・ヒメネス
DF 16 マティアス・オリベイラ
DF 13 ギジェルモ・バレラ
DF 15 フェデリコ・バルベルデ
MF 6 ロドリゴ・ベンタンクール
(34分→MF 5 マティアス・ベシーノ)
MF 8 ファクンド・ペリシュトリ
(66分→MF 7 ニコラス・デ・ラ・クルス)
MF 10 ジョルジアン・デ・アラスカエタ
(80分→MF 24 アグスティン・カノビオ)
FW 11 ダルウィン・ヌニェス
(80分→FW 18 マキシミリアーノ・ゴメス)
FW 9 ルイス・スアレス
(66分→FW 21 エディンソン・カバーニ)
控え
GK 1 フェルナンド・ムスレラ
GK 12 セバスティアン・ソサ
DF 3 ディエゴ・ゴディン
DF 17 マティアス・ビーニャ
DF 26 ホセ・ルイス・ロドリゲス
DF 22 マルティン・カセレス
MF 14 ルーカス・トレイラ
MF 20 ファクンド・トーレス
MF 25 マヌエル・ウガルテ
監督
ディエゴ・アロンソ


(出典  ゲキサカ)                

■ハイライト動画



(出典 times-abema.ismcdn.jp)

“演技派”C・ロナウドが決勝点誘発!ポルトガルがウルグアイ下し2連勝で決勝T進出決める

[11.28 カタールW杯H組第2節 ポルトガル2-0ウルグアイ ルサイル]

 カタールW杯は28日、グループリーグ第2節を行い、H組のポルトガル代表ウルグアイ代表と対戦し、2-0で勝利した。2連勝で勝ち点を6に伸ばしたポルトガルは最終節を残してグループリーグ突破が決定。ウルグアイは1分1敗の勝ち点1で最終節を迎えることになった。

 序盤からポルトガルがポゼッションを高め、ウルグアイを押し込む。前半4分、浮き球のボールをFWクリスティアーノ・ロナウドが胸で落とし、MFウィリアム・カルバーリョ(ベティス)が右足ボレーで狙うが、大きく枠を外れた。

 前半16分にはFWジョアン・フェリックス(A・マドリー)が右足でミドルシュートを放つが、DFがブロック。同18分、C・ロナウドの直接FKも壁を直撃した。

 耐える時間が続くウルグアイは前半32分、中央からMFロドリゴ・ベンタンクール(トッテナム)が個人技で突破。GKとの1対1に持ち込んだが、GKディオゴ・コスタ(ポルト)のビッグセーブに阻まれた。

 ボール支配率では上回りながら、なかなか決定機をつくれないポルトガルは後半40分、左サイドバックのDFヌーノ・メンデス(パリSG)がピッチに倒れ込むアクシデント。涙を浮かべながら自ら歩いてピッチを離れ、DFラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)との交代を余儀なくされた。

 前半はスコアレスで折り返したが、後半9分、ポルトガルが試合を動かす。PA左手前の位置でボールを受けたMFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U)が右足に持ち替えてクロス。これにC・ロナウドが飛び込んだ。ヘディングで合わせようとしたC・ロナウドの頭をかすったか、かすらなかったか。C・ロナウドの飛び出しに対応せざるを得なかったGKは反応できず、ボールはそのままの軌道でゴール右隅に吸い込まれた。

 ド派手なガッツポーズを見せたC・ロナウド。スタジアムのビジョンでも一度は得点者としてC・ロナウドが映されたが、その後のアナウンスでブルーノ・フェルナンデスが得点者としてコールされ、公式記録上もブルーノ・フェルナンデスの得点となった。

 1点を追う展開となったウルグアイは5バックから4バックにシステムを変更し、反撃に出る。後半28分にはFWエディンソン・カバーニ(バレンシア)に代わってFWルイス・スアレス(ナシオナル)もピッチに入った。

 ウルグアイは後半30分、途中出場のFWマキシミリアーノ・ゴメス(トラブゾンスポル)のミドルシュートが右ポストを直撃。試合展開は一変し、ウルグアイの攻勢が続く。同33分にはMFジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ)の左FKからニアサイドのスアレスが決定機を迎えるが、左足のシュートは枠外。チャンスをつくりながら最後まで1点が遠かった。

 ポルトガルは後半44分、ブルーノ・フェルナンデスがドリブルで仕掛け、PA内で対応したDFホセ・マリア・ヒメネス(アトレティコ・マドリー)が体勢を崩して倒れた際に手がボールに触れたとしてVARが介入。ポルトガルにPKが与えられた。これをブルーノ・フェルナンデスが落ち着いて決め、2-0。ポルトガルが勝利を決定づけた。

 2試合連続の無得点で1分1敗となったウルグアイは勝ち点1のまま、12月2日の最終節で勝ち点3のガーナと対戦。2連勝で2大会連続のグループリーグ突破を決めたポルトガルは、1分1敗で勝ち点1の韓国と対戦する。

ポルトガルvsウルグアイ 試合記録

【カタールW杯グループH第2節】(ルサイル)
ポルトガル 2-0(前半0-0)ウルグアイ


<得点者>
[ホ]ブルーノ・フェルナンデス2(54分、90分+3)

<警告>
[ホ]ルベン・ネベス(38分)、ジョアン・フェリックス(77分)、ルベン・ディアス(89分)
[ウ]ロドリゴ・ベンタンクール(6分)、マティアス・オリベイラ(42分)

<出場メンバー>
[ポルトガル]
先発
GK 22 ディオゴ・コスタ
DF 20 ジョアン・カンセロ
DF 4 ルベン・ディアス
(69分→FW 15 ラファエル・レオン)
DF 3 ペペ
DF 19 ヌーノ・メンデス
(42分→DF 5 ラファエル・ゲレイロ)
MF 10 ベルナルド・シウバ
MF 18 ルベン・ネベス
MF 14 ウィリアム・カルバーリョ
(82分→MF 6 ジョアン・パリーニャ)
MF 8 ブルーノ・フェルナンデス
FW 7 クリスティアーノ・ロナウド
(82分→FW 26 ゴンサロ・ラモス)
FW 11 ジョアン・フェリックス
(82分→MF 23 マテウス・ヌネス)
控え
GK 1 ルイ・パトリシオ
DF 2 ディオゴ・ダロト
FW 9 アンドレ・シウバ
GK 12 ジョゼ・サ
MF 16 ビティーニャ
MF 17 ジョアン・マリオ
FW 21 リカルド・ホルタ
DF 24 アントニオ・シウバ
監督
フェルナンド・サントス

[ウルグアイ]
先発
GK 23 セルヒオ・ロシェ
DF 3 ディエゴ・ゴディン
(62分→MF 8 ファクンド・ペリシュトリ)
DF 2 ホセ・マリア・ヒメネス
DF 19 セバスチャン・コアテス
DF 16 マティアス・オリベイラ
(86分→DF 17 マティアス・ビーニャ)
DF 15 フェデリコ・バルベルデ
MF 5 マティアス・ベシーノ
(62分→MF 10 ジョルジアン・デ・アラスカエタ)
MF 6 ロドリゴ・ベンタンクール
DF 13 ギジェルモ・バレラ
FW 21 エディンソン・カバーニ
(72分→FW 9 ルイス・スアレス)
FW 11 ダルウィン・ヌニェス
(72分→FW 18 マキシミリアーノ・ゴメス)
控え
GK 1 フェルナンド・ムスレラ
GK 12 セバスティアン・ソサ
DF 26 ホセ・ルイス・ロドリゲス
DF 22 マルティン・カセレス
MF 7 ニコラス・デ・ラ・クルス
MF 14 ルーカス・トレイラ
MF 20 ファクンド・トーレス
MF 24 アグスティン・カノビオ
MF 25 マヌエル・ウガルテ
監督
ディエゴ・アロンソ


(出典  ゲキサカ)      

■ハイライト動画 ポルトガルvs ウルグアイ

ソンフンミンも出場!
韓国は強豪ウルグアイ相手に引き分けで勝ち点1!


(出典 assets.goal.com)

ウルグアイ対韓国は互いに譲らずスコアレス…ウルグアイは2度ポストに嫌われる

[11.24 カタールW杯グループリーグH組 ウルグアイ0-0韓国 アルワクラドーハ/エデュケーション]

 ウルグアイ代表韓国代表のグループH第1節は、0-0の引き分けに終わった。第2節は28日に行い、ウルグアイはポルトガル、韓国はガーナと対戦する。

 互いに前半からチャンスを作った。序盤はウルグアイのペースで進んだが、韓国も時間が経つにつれて、落ち着きを取りもどしていく。前半34分には韓国に最大の決定機。DFキム・ムンファンの右クロスに中央でフリーになっていたFWファン・ウィジョが合わせるが、大きく枠上に外してしまう。

 ウルグアイも前半43分に決定機。右サイドで獲得したCKをDFフェデリコ・バルベルデが蹴り入れると、競り勝ったDFディエゴ・ゴディンが打点の高いヘッドで合わせる。しかしシュートは無情にも左ポストを直撃。前半のうちに先制とはならなかった。

 後半に入っても決め手を欠く両チーム。ウルグアイは後半19分にFWルイス・スアレスに代えて、FWエディンソン・カバーニを投入。35歳になったベテランに局面の打開を託す。ただウルグアイが韓国陣内でボールを持つ時間を長くするも、人数をかけて守る韓国の守備をこじ開けることが出来ない。

 しかしあくまでも勝ちを目指す韓国は後半29分に3枚替え。MFイ・ガンインやFWチョ・ギュソンを投入して、攻撃陣に厚みを持たせる。そして顔面骨折の影響が心配されながらも、フェイスガードを付けながらの先発となったMFソン・フンミンがサイドからの効果的な突破を披露し、ウルグアイに脅威を与える。

 後半36分にウルグアイはFWダルウィン・ヌニェスが左サイドからのカットインからミドルを狙うが、わずかに枠右に外れる。同45分にもバルベルデが右足で強烈なミドルを狙ったが、これは左ポストを直撃した。スコアはアディショナルタイム7分を経過しても動かず、ドローで決着した。


ウルグアイvs韓国 試合記録   
【カタールW杯グループH第1節】(ドーハ/エデュケーション)
ウルグアイ 0-0(前半0-0)韓国


<警告>
[ウ]マルティン・カセレス(57分)
[韓]チョ・ギュソン(88分)

<出場メンバー>
[ウルグアイ]
先発
GK 23 セルヒオ・ロシェ
GK 22 マルティン・カセレス
DF 3 ディエゴ・ゴディン
DF 2 ホセ・マリア・ヒメネス
DF 16 マティアス・オリベイラ
(79分→DF 17 マティアス・ビーニャ)
DF 15 フェデリコ・バルベルデ
MF 5 マティアス・ベシーノ
(78分→MF 7 ニコラス・デ・ラ・クルス)
MF 6 ロドリゴ・ベンタンクール
MF 8 ファクンド・ペリシュトリ
(88分→DF 13 ギジェルモ・バレラ)
FW 9 ルイス・スアレス
(64分→FW 21 エディンソン・カバーニ)
FW 11 ダルウィン・ヌニェス
控え
GK 1 フェルナンド・ムスレラ
GK 12 セバスティアン・ソサ
DF 19 セバスチャン・コアテス
DF 26 ホセ・ルイス・ロドリゲス
MF 10 ジョルジアン・デ・アラスカエタ
MF 14 ルーカス・トレイラ
MF 20 ファクンド・トーレス
MF 24 アグスティン・カノビオ
MF 25 マヌエル・ウガルテ
FW 18 マキシミリアーノ・ゴメス
監督
ディエゴ・アロンソ

[韓国]
先発
GK 1 キム・スンギュ
DF 3 キム・ジンス
DF 19 キム・ヨングォン
DF 4 キム・ミンジェ
DF 15 キム・ムンファン
MF 5 チョン・ウヨン
MF 6 ファン・インボム
MF 7 ソン・フンミン
MF 10 イ・ジェソン
(75分→MF 13 ソン・ジュンホ)
MF 17 ナ・サンホ
(75分→MF 18 イ・ガンイン)
FW 16 ファン・ウィジョ
(74分→FW 9 チョ・ギュソン)
控え
GK 12 ソン・ボムグン
GK 21 チョ・ヒョヌ
DF 2 ユン・ジョンギュ
DF 14 ホン・チョル
DF 20 クォン・ギョンウォン
DF 23 キム・テファン
DF 24 チョ・ユミン
MF 8 ペク・スンホ
MF 11 ファン・ヒチャン
MF 22 クォン・チャンフン
MF 25 チョン・ウヨン
MF 26 ソン・ミンギュ
監督
パウロ・ベント


(出典  ゲキサカ)
           

■ハイライト動画 ウルグアイ vs 韓国

ウルグアイ、ポルトガルと予想!
やっぱりスアレス、カバーニ、C.ロナウドに期待!

(出典 times-abema.ismcdn.jp)

カタールW杯グループリーグ突破予想


FIFAワールドカップカタール2022(カタールW杯)が、11月20日ついに開幕する。第22回目にして、初めての中東開催となるカタールW杯。他にも開催地の国土が狭く、史上最もコンパクトな大会と言われるなど、普段と異なる様々な特徴を含む大会である。

32の出場各国では本選メンバーが発表され、現地入りが始まりだしている。日本代表は日本時間11月17日カナダ代表との親善試合を経て、23日にドイツ代表とのW杯グループリーグ初戦を迎え、27日にコスタリカ戦、12月2日にスペイン戦が予定されている(グループE)。

ここではカタールW杯グループリーグ、A〜Hの8つの各グループの順位予想をしていこう。
突破することが安泰なチームが1つもない。ジャイアントキリングも起こり得る。色々予測しながら、勝敗予想をするのも楽しみの1つである。

(出典:Football Tribe Japan)                

■ Group H  出場国紹介
3分で分かる! ポルトガル代表 【FIFA ワールドカップ カタール 2022 全32カ国ガイド 29/32】

(出典 Youtube)

3分で分かる! ガーナ代表 【FIFA ワールドカップ カタール 2022 全32カ国ガイド 30 - YouTube

(出典 Youtube)

3分で分かる! ウルグアイ代表 【FIFA ワールドカップ カタール 2022 全32カ国ガイド 31/32】

(出典 Youtube)

3分で分かる! 韓国代表 【FIFA ワールドカップ カタール 2022 全32カ国ガイド 32 - YouTube

(出典 Youtube)

グループH順位予想

  • 1位:ウルグアイ
  • 2位:ポルトガル
  • 3位:韓国
  • 4位:ガーナ

グループHでは、復活を遂げた南米の古豪ウルグアイ、過去最高の呼び声が高いポルトガル、エースの復帰が不安視される韓国、帰ってきたアフリカの星ガーナが競う。

今W杯南米予選では大苦戦したウルグアイ。本大会出場が危ぶまれたが、何とか出場を決めた。ベテラン陣に加え、MFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)やMFロドリゴ・ベンタンクール(トッテナム・ホットスパー)若手も台頭。非常に良いチームバランスとなった。まずは、前回大会ロシアW杯時のベスト8越えが目標となる。

ポルトガルは、絶対的エースのFWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)、MFブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)、FWディオゴ・ジョッタ(リバプール)ら攻撃陣タレントが成熟期を迎えた。ヨーロッパ予選は苦しい戦いが続いたが、本番に強いエースが力を発揮すれば栄冠も見えてくる。

エースのFWソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)を怪我で欠く可能性が高い韓国。代役は存在せず、影響は大きい。FWファン・ウィジョ(オリンピアコス)やMFチョン・ウヨン(SCフライブルク)の活躍次第でグループリーグ突破が見えてくる。

2010年の南アフリカW杯ではベスト8に進出したガーナ。アフリカらしいチームで勢いに乗ると止めることができない。まずは、グループリーグ1勝を目指す。

(出典:Football Tribe Japan)                 


■関連リンク
【全日程&放送予定】カタールW杯全64試合を観る!地上波放送のない試合を無料で観る方法は?

このページのトップヘ