あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

W杯


(出典 www.tv-tokyo.co.jp)

W杯優勝メダルに隠された意外な事実が判明 比較した選手は爆笑「俺の方が価値が高い」


 昨年末に行われたサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で36年ぶり3回目の優勝を飾ったアルゼンチン。世界のサッカーシーンに大きな反響をもたらしたが、最近になって意外な事実が判明して話題を集めている。注目されているのは、選手たちに贈られた金メダル。イタリア1部セリエAのユベントスが公開した動画で、W杯優勝メンバーがある“違い”を指摘している。

 同じではなかった。W杯優勝の金メダルを持参したユベントスのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアとMFレアンドロ・パレデス。2人はメダル部分をデジタルスケール(はかり)に置いた。ディ・マリアのメダルの重さが441グラムだったのに対し、パレデスのメダルは429グラム。ディ・マリアが「俺のメダルの方が重いな!」と言うと、パレデスは「誰かが俺のメダルから少しグラム数を奪ったようだ!」。最後にディ・マリアが「俺のものの方が価値が高い!」と言うと、2人で笑った。

 ユベントス公式インスタグラムは「アンヘル・ディ・マリアとレアンドロ・パレデスがW杯王者になってから1か月! でも彼らのメダルは同じ重さ?」と記して動画を公開。海外ファンからは「本物の金なのかな?」「ディ・マリア決勝で得点したからか」「もう1か月?」「メッシのは1キロかな」といった反響が寄せられている。

(出典:THE ANSWER)       

(出典  @juventus)

重さ違うんかーい!
ちなみに、W杯の金メダルは「純度の高い銀の上に純金でメッキを施したもの」らしいです。

■関連リンク  ワールドカップの金メダル|知られざる逸話と技術を紹介!

(出典  @ESPNFC)

「才能を受け継いでいる!」メッシ次男がW杯決勝後に披露した“父譲り”のキレキレドリブルが世界中で反響!「ソックリじゃないか」


「代表チームのファンを熱狂させた」


 遺伝子はしっかりと受け継がれているようだ。

 周知の通り、カタール・ワールカップでアルゼンチン代表リオネル・メッシは、自身5度目の出場で、ついに母国に戴冠をもたらした。
 話題となっているのが、そのメッシの次男で、現在7歳のマテオ君だ。優勝を決めた後、家族もピッチに下りて喜びを分かち合うなか、選手の子どもたちがボールを蹴りはじめ、そこで父譲りの切れ味鋭いドリブルを披露したのだ。

 この動画は瞬く間に拡散。「マテオは父親の才能を受け継いでいることを示した」(『MARCA』)、代表チームのファンを熱狂させた、カタールでのマテオ・メッシの拡散されているプレー(『infobae』)、「どうやらマテオは父親のドリブルを受け継いだようだ」(『TyC Sports』)と各国メディアに取り上げられた。

 また世界中のファンから「めちゃくちゃ上手い」「ソックリじゃないか!」「早く契約しなきゃ」「アルゼンチンはこの先も安泰だ」「メッシが教えたのか。それとも見ただけで覚えたのか」「ガビみたい」「ロナウドよりドリブルが上手いな」といった声が続々とあがっている。

 やんちゃで知られるマテオ君の今後に注目だ。

(出典:SOCCER DIGEST Web)   


(出典 www.nikkansports.com)
7歳でこのドリブル!遺伝子はしっかり受け継がれてるみたい!将来が楽しみだね!


(出典 f.image.geki.jp)

W杯優勝のメッシはマラドーナを超えたのか。アルゼンチンサッカーを40年追ってきた自国ベテラン記者の見解


リオネル・メッシのアルゼンチンがついにワールドカップを獲り、話題になるのは1986年にW杯を制し英雄となったディエゴ・マラドーナとの比較だ。マラドーナの時代から約40年に渡りアルゼンチンサッカーを追いかけてきた自国のベテラン記者は、今、このふたりをどう見ているのか。

【マラドーナはもっとも神に近いアイコン】

 リオネル・メッシはついに、ディエゴ・マラドーナを超えたのか──

 カタールW杯決勝でアルゼンチンがフランスをPK戦の末に下すと、待ってましたとばかりにこの議論が再燃している。

 1986年のメキシコW杯で、ほぼ独力でアルゼンチンを優勝に導いたマラドーナは、この国でもっとも神に近い存在と崇められてきた国民的アイコンだ。

 翌1987年にロサリオで生まれたメッシは、少年時代にバルセロナに引き抜かれ、クラブレベルではチャンピオンズリーグや各国リーグとカップなど、すべてを手にしてきた。数多の個人記録を塗り替え、バロンドールには7度も輝いているし、印象的なゴールも枚挙にいとまがない。

 しかしこれまでに4度挑戦したW杯では、2014年のブラジルW杯で一度だけ決勝に進出したが、ドイツの前に屈している。そしてW杯のタイトルを持っていないことから、ほかの実績でいくら優れていようとも、マラドーナを超えることはないと言われてきた。

 至高のタイトルの有無に加え、出自やパーソナリティーも、マラドーナのほうが愛されてきた理由だ。貧しい家庭に生まれ、自国のリーグで十分に活躍してから欧州へ渡り、バルセロナのあとにナポリという中小クラブを選択し、伝統的なビッグクラブを抑えてスクデットを獲得。メッシは母国のクラブでのプロキャリアを持たないため、アルゼンチン人からのサポートを得られるまでに時間がかかった。

【いずれ、マラドーナになれるかもしれない】

 またマラドーナは開けっぴろげのお親分肌の性格で、誰とでも気さくに接し、幼少期の自身のように恵まれない人はもちろん、国のトップや革命家などとも交流を深めてきた。かたや、メッシは内気な性格で交際範囲も限られている。

 マラドーナが活躍した頃は、SNSはおろか、インターネットもない時代で、ビッグスターが生まれやすい土壌があった(現在は人々の趣味や趣向が細分化され、ほとんど誰もが称えるスターというのは、どんな分野でも生まれにくい)。

 だからメキシコW杯で優勝しただけでなく、その過程で憎きイングランド──「英国はマルビナス戦争で多くの若いアルゼンチン人の命を奪った」とマラドーナは言った──を相手に"神の手のゴール"と"5人抜きゴール"を決めた英雄は、完全に神格化されていた。むろん、アルゼンチンのメディアは、マラドーナに心酔している人ばかりだった。

 アルゼンチン人記者たちは、メッシが台頭してきて見事な活躍をし始めた時、まずはマラドーナに感想を求めて、彼がメッシを褒めたら自分たちも同調するという姿勢だった。

 マラドーナも当初はメッシを手放しで讃えていたが、彼が代表監督として若き日のメッシを連れて2010年の南アフリカW杯に参戦してからは、トーンが変わった。なぜなら、準々決勝でドイツに0-4と大敗して大会を去ることになり、その失敗がふたりの間柄に傷をつけたからだ──誰も大きな声では言わなかったことではあるが。

 その頃からマラドーナは、「メッシはリーダーではない」と何度も公言するようになり、メッシにのしかかる重圧はさらに増していった。ラ・リーガやチャンピオンズリーグを制し、得点王やバロンドールに輝こうとも、メディアやファンは「いずれ、マラドーナになれるかもしれない」と言うにとどめていた。

【実績は間違いなくメッシがマラドーナを凌駕】

 しかし今、メッシはついにW杯までも手に入れたのだ。タイトルや実績だけで言えば、間違いなくメッシがマラドーナを凌駕している。メッシは代表でもクラブレベルでも、主要タイトルはすべて獲得しているが、マラドーナはコパ・アメリカとチャンピオンズリーグ(前進のヨーロピアンカップ時代を含む)を獲っていない。

 またマラドーナ本人が「あんなもの(コカイン)に手を出さなければ、自分のキャリアはもっとすばらしいものになっていた」と引退後に振り返っていたように、彼のキャリアは長くなかった。かたやメッシは現代のトップアスリートらしく、常に入念に心身をケアし、食べ物や私生活にも気を配っている。

 近年はパーソナリティーにも変化が見られ、世界一になった。

 あるいは──、このような見方は不要かもしれないが、マラドーナが2020年に天に召され、もう誰も御大にメッシの評価を伺う必要がなくなったから、メッシが感じていた重圧が軽減され、2021年のコパ・アメリカ、そして2022年のW杯に手が届いたのかもしれない──。マラドーナとは、アルゼンチン人にとって、それほどまでに大きな存在なのである。

 メッシとマラドーナ、どちらが偉大か? どちらも偉大だとしか、私には言えない。意見は世代や趣向によって異なるはずだし、結局のところ、そんな議論もまたフットボールの醍醐味のひとつだ。

(出典:webスポルティーバ)               


(出典 sportiva.shueisha.co.jp)

1

メッシが33年ぶりの「スーパーバロンドール」受賞なるか 過去1人だけの史上最高選手賞

https://news.yahoo.co.jp/articles/76eda7b30b06206620fb39c47b686be6381fafba



15
超えた
唯一欠けてると見られてたリーダーシップもワールドカップ優勝で証明してみせた

16
>1
ディステファノ超えの聖メッシであることも間違えないよな

マラドーナ論争も超えた
ペレもまあ超えたと素直に認めてほしい

クライフを超えたかはあえて微妙だと言わせていただく
ペップと共に
選手個人としてはもちろん超えてることは否定しないけど

24
マラドーナのプレーの方がサッカーの楽しさが伝わる
メッシのプレーは実際的過ぎて美しくない
アウトサイドでロングパスとかせんだろメッシは

26
マラドーナが、あの神の手も含め神だったことを俺は否定しないよ
ただメッシはそれこそ本当、人の技術と心で持ってその神を越えた

若くから本当の神とされざるをえなかった小さな人間の挑戦の最高峰だろ
そのエゴを吸収するここと重圧に耐えることと同時に可能にしたのがマシアでもある

今のペップが本当に作りたいのも

31
越えたかどうかは時代が違うから比べようもないが少なくともこれ以上に物語性のあるキャリアを歩めるスポーツ選手は現れないのではないだろうかとは思う

43
正直マラドーナは超えられないよ
激しく削られるだけじゃなくて今なら悪質なファウルとられる体当たりとかユニフォームを引っ張られるとかの時代に傑出してたからな
これはバスケのマイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームズを比べることと似ている

46
>>43
メッシの方がはるかに厳しい環境で
長期間活躍し続けて結果を出しているからね

クラブ代表ともにメッシペレよりマラドーナは下だし
マラドーナはCLどころかコパアメリカすら取れてない


時代も違うし、人それぞれ考え方が違うからね…。論争はまだまだ続く…。

 (出典  @FIFAWorldCup)           

W杯公式の名場面画像に「三笘の1ミリ!」と日本人発見「世界的に印象に残ってるのか」


W杯公式ツイッターが大会の名場面詰め合わせ画像を紹介

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)はアルゼンチンの優勝で幕を閉じたが、W杯公式ツイッターが紹介した大会名場面を詰め合わせた画像に日本代表の面々も登場。「三笘、堂安、浅野、長友を見つけた!」「三笘の1ミリは世界的にも印象に残ってるのかな」と話題になっている。

 1か月の激闘で生まれた名場面が1枚のグラフィックに凝縮された。

 W杯公式ツイッターが掲載した画像は、アニメ風のデザイン。ピッチ上に各国の選手たちが散りばめられ、今大会のトピックが表現されている。優勝したアルゼンチンのメッシトロフィーを掲げたり、ブラジルのリシャルリソンがボレーを決めていたり、ポルトガルのロナウドが得点パフォーマンスをしていたり……。
 そんな中に、よく見ると日本代表の面々もあった。ゴールライン際で9番をつけた三笘薫が折り返しのボールを上げようとしている場面のほか、堂安律、浅野拓磨にビブスを着た長友佑都の3人が並んだ姿も。また、客席には声援を送る日本代表サポーターも描かれていた。

「すでにW杯が恋しい。どの瞬間がお気に入り?」

 こんなメッセージとともに紹介された投稿は、

「開会式のジョングクね」

「決勝戦だ」

「メッシがトロフィー掲げた瞬間」

「ドイツがいない」

「ブラジルのダンス」

「モロッコの選手が母親と歓喜した瞬間だよ」などの反応が続々とあった。


 さらに今大会の日本の存在感が際立つ印象もあり、日本人からも

「三笘の1ミリ!」

「三笘、堂安、浅野、長友を見つけた!」

「三笘の1ミリは世界的にも印象に残ってるのかな」

「いやこう見ると本当色々あったなぁ…」などと反響が寄せられた。

 グループリーグでドイツ、スペインを破り、16強に進出した日本。客席のゴミ拾いを行ったサポーターを含め、強いインパクトを残したカタールW杯となった。
(出典:THE ANSWER)            
 長友だけビブス姿!笑

(出典 news.mynavi.jp)


(出典 www.football-zone.net)

【W杯】決勝主審が「ゴール無効」主張に反論 フランスの“ピッチ侵入”を指摘「7人がピッチの中にいた」


決勝で笛を吹いたマルチニアク氏がフランスの主張に反応

 カタール・ワールドカップ(W杯)は決勝戦でフランス代表にPK戦の末に勝利したアルゼンチン代表が36年ぶり3度目の優勝を成し遂げた。アルゼンチンが歓喜に沸く一方で、フランスメディアはFWリオネル・メッシのゴールがルール違反で無効だったとの主張をしているが、決勝戦で笛を吹いた主審のシモン・マルチニアク氏がこれに反応した。

 決勝戦は3-3で延長を含めた120分間で決着がつかず、PK戦をアルゼンチンが4-2で制した。しかし、フランス紙「レキップ」は延長前半4分にアルゼンチン代表FWメッシが決めたゴールがルール違反で無効だと主張。ゴールが決まる前にアルゼンチン代表の控え選手がピッチ内に入っていたことが理由だとしている。

 サッカーの競技規則・第3条第9項では、「得点があったときに競技のフィールドに部外者がいた場合」の項目には、「得点があったときに主審が競技のフィールドに部外者がいたことが分かった場合、得点を認めてはならない」とあり、「得点したチームの競技者、交代要員、交代して退いた競技者、退場となった競技者またはチーム役員であった場合、プレーは、部外者がいた位置から直接フリーキックで再開される」と記述されている。

 フランスではこのメッシのゴールシーンの他にも、アルゼンチンの先制点につながるPKが与えられた場面など審判の判定に関する不服の声が多く上がっており、「審判団が完全に買収されていた」として再試合を要求する署名活動も行われるほどだった。

 そうしたなかで、この試合で主審を務めたポーランド人審判のマルチニアク氏がレキップ紙の主張に反応したようだ。ジャーナリストのザック・ローウィ氏がマルチニアク氏のコメントを次のように伝えている。

「フランスはこの写真について言及していない。ご覧のようにムバッペがゴールを決めた時、7人のフランス人がピッチの中にいた」

 マルチニアク氏は自身のスマートフォンに表示された画像を見せながら報道陣に対してこのように語ったようだ。どの得点シーンかは明らかではないが、フランスのゴールシーンでも同じようにベンチの選手がピッチに侵入している場面があったとし、審判団への批判に反論している。

(出典:FOOTBALL ZONE)               
フランスも7人いたって…笑 そう返してきたか…  (出典  @ZachLowy)

こちらもおすすめ!

このページのトップヘ