あるがまま… サッカー・Newsまとめ

                           

W杯


(出典 number.ismcdn.jp)
1 首都圏の虎 ★ :2023/02/04(土) 10:20:51.46ID:dhVycAR99
[3日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で悲願の優勝を果たしたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)は、2026年に米国、カナダ、メキシコで共催される次回W杯に出場する可能性を閉ざさなかった。

メッシはカタール大会前、権威あるバロンドール(サッカー専門誌フランス・フットボールが選ぶ最優秀選手賞)を7回も受賞、クラブと代表で40近いタイトルを手にし、史上最高の選手と評価されることも多かったが、W杯のトロフィーには手が届いていなかった。

自身最後のW杯と定めて臨んだ今大会で、決勝のフランス戦では2ゴールに加えてPK戦でも成功させ、アルゼンチン優勝の原動力となったメッシ。母国メディア「Ole」に対し、「年齢を考えると、26年大会に出場するのは難しいだろう」としつつも、「サッカーをするのが大好きなので、自分が良いコンディションでサッカーを楽しめると感じる間は諦めずに頑張るつもりだ。次のW杯までは長い期間があるが、私のキャリアがどうなるか次第」と語った。

アルゼンチンのリオネル・スカロニ監督は先月にスペインのラジオ局で「メッシは次のW杯に出場できると思う。彼が何を望むか、それまでの間に何が起きるか、彼が手応えを感じられるかで大きく左右されるが、可能性は常にある。彼はピッチで幸せを感じていて、われわれにとっても良いことだ」と述べた。

メッシはW杯通算13ゴールを記録し、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼの保持する歴代最多得点記録まであと3つ。カタール大会では7ゴールを決めており、26年W杯に出場すれば記録を更新できる可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/472deb3a1f349183c2f166d0b5fc7acac9a826d2


(出典 static.chunichi.co.jp)


2 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:22:21.72ID:w0ZD+Raw0
gogo メッシ!

10 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:28:32.46ID:YzK9CzUG0
いやいやいやせっかく唯一残っていたW杯優勝を最後の最後にGETしたんだから
このまま綺麗にキャリアを閉じろよwww

14 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:34:13.26ID:KnsDYNyv0
勝ち逃げすればいいのに

16 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:37:52.86ID:LaNPKFmE0
やっぱ優勝の味知っちゃうと続けたくなるんかな?

17 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:38:47.19ID:yy2CEM8w0
>>16
麻薬みたいなもんやな
準優勝なのに落ち込みまくったエムバペの顔よ
一度優勝するともう元には戻れないんだろう

42 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:04:45.75ID:0IyL2ri/0
絶対に出ないだろw

38 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:03:20.84ID:Lq6J1uu00
変な服着せられてトロフィーあげたのが嫌だったんだろうな

27 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:48:35.58ID:YVHV20sG0
今度は歴代最多ゴールの称号が欲しくなったんだろ

28 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:49:39.42ID:yhKIy9es0
確かに、マラドーナを完全に超えたと言わしめるにはあとひとつなにか違いを生み出さないとな
こいつもなかなか欲深いわ
名誉欲強いんだな

12 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:30:03.93ID:ChaLP8mn0
>元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼの保持する歴代最多得点記録

こいつ無名な割にすげーな

いや無名でないのはもちろん知ってるが
メッシだクリロナだゴロゴロリンだ
みたいには有名ではないわけだし

63 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 12:13:07.82ID:vxOZLzk60
>>12
クローゼはレーヴドイツ全盛期にピタッとハマったのが大きかったね
何がすごいのかうまく表せないけどクローゼのいないドイツは完全に別チームだった

15 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:36:00.93ID:iSepzTHB0
クローゼ凄すぎだろ

18 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:39:36.03ID:qf0uoMln0
クローゼって2002年のW杯でドイツ代表にいたクローゼ?

19 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:44:00.91ID:mi6PZSoE0
クローゼみたいなタイプがいなくなってドイツは雑魚化したよな

39 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:03:24.64ID:E21Ul3CC0
クローゼの記録はエムバペが抜くだろ

54 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:23:55.98ID:88twBnpq0
歴代最多はエンバペが怪我でもしない限りぶっちぎりそうだけど。

56 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:41:09.92ID:y8iV7xFL0
パス地蔵に徹するならともかくだけど、得点記録にはあんまりこだわらんほうがいい
エムバペがいずれ得点記録作る
24歳にして12ゴールやぞ

13 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:31:28.41ID:1wKeXDtT0
26年W杯、センターサークルから1歩も動かずににパスを繰り出すメッシの姿が

25 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:47:48.44ID:kz8E7QBN0
>>13
達人やな

21 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:45:16.93ID:ItKGOYSd0
ロジェ・ミラ的なポジションかな

44 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:05:59.08ID:1wdzmGs60
スーパーサブなら全然いける

4 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:23:03.93ID:ZsmpZiFE0
次で史上初?の6大会連続出場?

5 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:25:20.98ID:b8ij1F250
先駆者カズの後輩たちが増えてきたな

8 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:27:06.02ID:yy2CEM8w0
おいおい次39だぞ
そういえばぺぺも39か行こうと思えばいけるか?

36 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:59:42.64ID:T0WpoOny0
>>8
マテウス38歳という前例もある。マテウスの頃よりもスポーツ医学科学共に発達してるし、
大きなけがしなきゃ可能だと思うよ。FW以外も出来るならね。

9 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:27:46.78ID:aTlSFspu0
37のロナウドが急に落ちたからなぁ

43 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:04:51.87ID:9P/v1nx60
>>9
テクニックないんだからそりゃ一気に劣化する
メッシはスピード落ちてもテクニックでどうにか出来るし、ドリブル死んでもパス出せるからな
パスセンスある選手は寿命長い

31 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:53:21.54ID:SjPk6C8z0
優勝にも感動したが、妻がキレーでびっくりした 子供いるよーには見えんかったわw

34 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:54:34.64ID:iX6Y1O4A0
すでに史上最高確定してるのにもう一回獲ったら永遠に史上最高でいられるよな
ボーナスチャレンジだし出たほうがいいだろ

35 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:56:10.95ID:zt3eoBo/0
おまえら最後とか言ってたのに

40 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:03:54.33ID:yhKIy9es0
>>35
それにもイラついてたのかもな
お前らごときに最期や限界を決められたくない、なめるなよと

それにしても、日本国からも将来こんなエゴまみれで実力を伴う強烈なストライカーが生まれてこないかな
もうFWの育成に全力賭けたほうがいいんじゃないか
日本国軍の弱さは特に最前線と守護神にあると思うぞオレは
最強のFWと強靭なGK
それさえあれば上に行けるのに

41 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:04:45.15ID:kB4M2HvV0
>>40
エゴだけならメッシより上がいくらでもいてそのせいで負けまくっただろw


48 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:09:25.75ID:uYmdu1Di0
しばらくはビジネス面での貢献が凄まじいだろうから周りが引退させてくれないだろうな

49 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:11:00.55ID:b11GxHS80
w杯直前に代表入ればいいよ
で、スーパーサブ的に扱えればかなり有効
メッシはそれがもう許される

51 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:18:49.74ID:Lm9gClOV0
今シーズン9ゴールだっけ?

52 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:20:06.30ID:bLY/jFnM0
確かに次も5人交代制やるなら動けなくなっても使いどころはありそう

53 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:22:23.59ID:iAgjmJyD0
メッシなら次のW杯も絶対選ばれるだろう
主力じゃなかったとしてもベンチから流れを変えられる選手だろうな

59 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:47:38.88ID:nef7JYlx0
短い時間でも今に近いパフォーマンスが出来るなら
スーパーサブとしては使えるんじゃないか
相手引いてたらミドルレンジからも決められるし

24 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:47:06.42ID:vze+ELQS0
まあ実力があるうちは続けても良いケド
お荷物になるレベルになったら自ら辞めてくれ


11 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 10:28:59.31ID:yy2CEM8w0
いきなり落ちてワールドカップで醜態晒して叩かれる元トップ選手見ると悲しくなる


50 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:14:33.60ID:aHbBB+BZ0
ジダンみたいに反則して
晩節汚すなよ

55 名無しさん@恐縮です :2023/02/04(土) 11:27:36.13ID:88Y08bE90
何見てんだバカヤロー(# ゚Д゚)



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

「一番の鍵は日本戦であった」――クロアチア代表指揮官が明かした森保ジャパン攻略の苦悩。8強を懸けた激闘の舞台裏【現地発】


日本に負けたとあっては大騒ぎになる

 アルゼンチンが36年ぶりの戴冠を果たして幕切れとなったカタール・ワールドカップ(W杯)終了後、世界でも指折りの権威を誇るイタリアのスポーツ紙『La Gazzetta dello Sport』は、大会期間中の各国のパフォーマンスに独自の採点を付けた。

 もちろん1位はアルゼンチン(9点)。2位にフランス(8.5点)、3位にクロアチアモロッコ(8点)、そして5位は日本(7点)だった。こうした他者からの高評価に加え、グループステージでドイツとスペインを破った事実は、今の日本がどれだけ高いレベルにあるかを物語っていると言えよう。

 そんな日本との試合はクロアチアにとって大きな試練となった。カタールで戦った7試合で、“ヴァドレニ(クロアチア代表の愛称。炎の意)”が最も困難に陥ったのがこの試合だったと感じている。

 クロアチアは、アルゼンチンとフランスが決勝を行っている、まさにその時間にドーハから首都ザグレブに戻ってきた。街の中心にある広場には代表戦士たちを迎える大勢の人々でごった返していた。

 2大会連続のベスト4入りと、3位入賞の喜びに国民が歓喜するなかで、チームを率いたズラトコ・ダリッチ監督は、こう発言した。

「優勝候補の最右翼だったブラジルを破った試合、モロッコと戦って3位を勝ち取った試合は、いずれも我々にとって最も重要な戦いであったかもしれない。しかし、今大会の一番の鍵は日本戦であったと私は思う」

 日本がグループステージ初戦でドイツを破ったのはセンセーションな出来事として受け止められたが、スペインにも勝利したとなると、これはもうまぐれではない。この時にダリッチはじめとする代表の関係者たちは、誰もがラウンド・オブ16を突破する難しさを覚悟した。なにしろ、かろうじて2位でグループリーグを突破したクロアチア(カナダに1勝、モロッコとベルギーに2引き分け)よりも、首位通過を果たした日本が成績では上回っていたからだ。

 ただ、クロアチア国民はそう思ってはいなかった。日本が優れたチームだとはわかっていたが、それでも対戦相手として決定した際には「ジャックポット(大当たり)だ!」と喜ぶ声が聞かれた。もしも、相手がドイツやスペインであったなら、たとえ準々決勝に勝ち進まなくてもクロアチアに人は敗北に納得したかもしれない。だが、日本に負けたとあっては大騒ぎになる。国内メディアにも、どこか楽観的な空気が流れていた。

 だからこそ、ダリッチは頭を抱えた。

「日本が首位通過をした瞬間に、クロアチアは難しい状況に陥った」

機能しなかったクロアチア。一方日本は縛られず、自由に動きながら――

 クロアチアにとって日本戦は終わりのない拷問のような試合だった。誰もが何度も敗退を覚悟したに違いない。最大の武器であるルカ・モドリッチ、マルセロ・ブロゾビッチ、マテオ・コバチッチの中盤のラインは機能せず、最後までスポットライトは当たらなかった。

 もちろん、原因はこの日のモドリッチが最低なパフォーマンスであったのもある。だが、最大の要因は日本の中盤が巧みな連携を見せたからに他ならない。彼らは絶好のタイミングでデュエルをし、ピッチの3分の2ぐらいの位置でプレッシングをかけ、クロアチアが得意とする速い展開を断ち切ったのである。

 よくゴール前に人員を割き、ガチガチに守る戦術を「バスを停める」と言うが、日本はバスを停めただけではなく(もちろん、それが本来彼らの得意とするプレースタイルでもないからなのだが)、積極的に両サイドからのカウンターを仕掛け続けた。

 43分に生まれた前田大然の先制ゴールは、初めこそ偶然の産物だと思っていたが、改めて見直すと、クロアチア守備陣に混乱を招き、守護神のドミニク・リバコビッチを誘い出しているのが分かる。ゴール前では最強の彼だが、自分の守備範囲外となると弱い。そんなGKのウイークポイントを巧みに突いた1点だった。これらはクロアチアをよく研究していなければできなかったプレーであると思う。
 日本が優れている点は「決断力」「プレーの正確さ」「勝利への執念」「高いインテンシティ」「疲れを知らないこと」などさまざまにある。そのなかで何よりも特筆すべきは「臨機応変」であると筆者は考える。

 例えば、森保は、試合開始直後に3-4-2-1気味だった陣形を、相手の出方を見て4-5-1に変化させた。これは優れた判断だ。おかげでクロアチアのクリエイティブなプレーは通用せず、縦パスも通せなくなってしまった。

 一方で日本の選手たちはあまりポジションに縛られず自由に動きながらも、組織だったチームプレーは壊さなかった。そこに相当の練習を重ねてきた証拠を見た。また、左サイドバックのボルナ・バリシッチが守備面であまり機能していないと見るや、そこを重点的に攻める順応さも光った。

 ご存知の通り、最終的にクロアチアはPK戦の末に日本を破った。だが、この試合後に多くの母国メディアがつけた代表戦士たちへの採点は、あの試合でどれだけ苦しめられたかを物語っている。PK戦で3本のシュートストップを披露して殊勲者となった守護神リバコビッチ(10点)と、同点弾を決めたイバン・ペリシッチ(8点)には高得点が付いたが、あと面々は、ベスト8入りを決めた一戦であるにもかかわらず、ギリギリ及第点というありさまだった。

「日本代表と森保監督には特別なフェアプレー賞が贈られてしかるべきだ」

 W杯終了から1か月以上が経った今、ダリッチは日本戦をこう振り返っている。

「(日本戦の)勝利は重要だった。チームのムードを一気に盛り上げた。これほど難しい試合を征服することができたのだ、もう後は上りつめるしかないと感じた」

 クロアチアには『上にはもう空しかない』という表現があるが、まさにそれだった。

 だからこそ、準々決勝のブラジル戦は余裕をもって迎えられ、それが3位入賞へとつながったのだ。

 日本の素晴らしい点はピッチの中だけではなかった。クロアチア戦後、森保監督はクロアチア代表の面々に一礼をし、相手の勝利を祝福した。この振る舞いにはクロアチア国民が感嘆の声を上げた。もちろん、ダリッチも称賛している。

「日本代表と森保監督には特別なフェアプレー賞が贈られてしかるべきだ。フェアプレーでいったら日本はどこのチームにも負けない高いレベルにあるだろう」

 カタールでプレーした日本代表の何人かは2026年のW杯ではプレーしないかもしれない。だが、若い選手たちは今後も代表で共に戦い、より連携を深めていく。間違いないのは、日本はもっと、もっといいチームになるということだ。

 主力選手の多くが、ヨーロッパのクラブでプレーしているのも、代表が成熟していくうえで大きな手助けとなるに違いない。1998年のフランスW杯でクロアチアが初めて日本と対峙した時、すべての選手は国内でプレーしていた(その後に中田はペルージャに行ったが)。2006年に二度目の対戦をした際には、海外でプレーする選手は6人になり、今回はなんと19人だ。それも、選手たちの中には、欧州で「強豪」と呼ばれるチームでプレーする者もいる。世界に例を見ないほどで勢い成長を続ける日本サッカーの今を如実に語っているだろう。

 ただ、一つ注意したいのは、これからは誰も日本を軽視しないという点だ。彼らを見くびれば、痛い目を見るというのは、今回のW杯で世界に知れ渡ってしまった。どのチームも、文字通り全力で対峙してくるはずだ。つまりサムライは今まで以上に力をつけていく必要があると言える。


取材・文●ズドラフコ・レイチ Text by Zdravko Reic
【著者プロフィール】 1941年12月10日 スピリット生まれ 1959年よりスロボンダ・ダルマチア紙のスポーツジャーナリストとして活躍。同時にスポルツケ・ノヴォスティのコラムも執筆。フランス・フットボール、ワールドサッカー(イギリス)のクロアチア支局員も長きにわたり務める。2005年からはクロアチア国営TVのサッカー番組のメインパーソナリティーを務め、豊富な経験から出演した選手や監督から真実を引き出すことに定評がある。

(出典:THE DIGEST)   


(出典 www3.nhk.or.jp)


(出典 www.nikkansports.com)

カタールW杯後、欧州リーグで躍動するW杯戦士たち。2026年のW杯では、日本代表が成長した選手たちを中心に、油断しない強豪国”に勝利し、まだ見ぬ景色を見せてくれることに期待したい。


(出典 www.jiji.com)
W杯決勝のゴールは神業だった!「誰も信じないけど」とディマリアが自ら解説

昨年末のワールドカップで36年ぶりの優勝を果たしたアルゼンチン代表。

アンヘル・ディマリアもフランスとの決勝戦で活躍し、優勝に貢献している。

左サイドで先発に抜擢されると、前半36分には2点目となるゴールを決めた。

アレクシス・マカリステルからのパスを冷静に蹴り込んだ。

一見すると簡単な場面に思えるが、佐藤寿人や松井大輔ら元日本代表選手たちは、ディマリアがシュートの瞬間にボールを叩きつけて浮かせたのではないかと話していた。

そうしたなか、ディマリアは『Ole』のインタビューでこのゴールをこう説明した。


「GKコーチのマルティン・トカッリと話していたんだ。

(相手GKウーゴ・ロリスは)いつも非常に速く飛び出していくると言われた。

ボールが来た時に浮かせて越そうと思った。(ボールを)上から叩いたんだ。

誰も信じてくれないけど、そうしたんだ。

ボールを突かなかった、そうしていたら、相手選手がカットしに来ていただろうからね。

あのゴールは練習でさえうまくいかないよ」


素早く飛び出してくるロリスにボールを当てないためにあえて浮かせていたようだ。

そんなディマリアは、決勝戦ではクソ(使えない)だという批判に一番傷ついたそうでリベンジの気持ちもあったとか。

ただ、フランス戦のスタメン起用は試合の2時間前に知ったそうで、しかも、(得意な右ではなく)左サイドでプレーするとは思ってもいなかったそう。
(出典:Qoly Football Web Magazine)    

【動画】カタールW杯決勝 ディマリアの”神業”ゴールシーン

(Youtube)

速く飛び出して来るGKをかわすために、意図的に叩きつけて少しバウンドさせるシュートを打ったというディマリア。「練習でもできない」ということを
W杯の決勝で決めちゃうんだからなー。スゴい!


(出典 www.tv-tokyo.co.jp)

W杯優勝メダルに隠された意外な事実が判明 比較した選手は爆笑「俺の方が価値が高い」


 昨年末に行われたサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)で36年ぶり3回目の優勝を飾ったアルゼンチン。世界のサッカーシーンに大きな反響をもたらしたが、最近になって意外な事実が判明して話題を集めている。注目されているのは、選手たちに贈られた金メダル。イタリア1部セリエAのユベントスが公開した動画で、W杯優勝メンバーがある“違い”を指摘している。

 同じではなかった。W杯優勝の金メダルを持参したユベントスのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアとMFレアンドロ・パレデス。2人はメダル部分をデジタルスケール(はかり)に置いた。ディ・マリアのメダルの重さが441グラムだったのに対し、パレデスのメダルは429グラム。ディ・マリアが「俺のメダルの方が重いな!」と言うと、パレデスは「誰かが俺のメダルから少しグラム数を奪ったようだ!」。最後にディ・マリアが「俺のものの方が価値が高い!」と言うと、2人で笑った。

 ユベントス公式インスタグラムは「アンヘル・ディ・マリアとレアンドロ・パレデスがW杯王者になってから1か月! でも彼らのメダルは同じ重さ?」と記して動画を公開。海外ファンからは「本物の金なのかな?」「ディ・マリア決勝で得点したからか」「もう1か月?」「メッシのは1キロかな」といった反響が寄せられている。

(出典:THE ANSWER)       

(出典  @juventus)

重さ違うんかーい!
ちなみに、W杯の金メダルは「純度の高い銀の上に純金でメッキを施したもの」らしいです。

■関連リンク  ワールドカップの金メダル|知られざる逸話と技術を紹介!

(出典  @ESPNFC)

「才能を受け継いでいる!」メッシ次男がW杯決勝後に披露した“父譲り”のキレキレドリブルが世界中で反響!「ソックリじゃないか」


「代表チームのファンを熱狂させた」


 遺伝子はしっかりと受け継がれているようだ。

 周知の通り、カタール・ワールカップでアルゼンチン代表リオネル・メッシは、自身5度目の出場で、ついに母国に戴冠をもたらした。
 話題となっているのが、そのメッシの次男で、現在7歳のマテオ君だ。優勝を決めた後、家族もピッチに下りて喜びを分かち合うなか、選手の子どもたちがボールを蹴りはじめ、そこで父譲りの切れ味鋭いドリブルを披露したのだ。

 この動画は瞬く間に拡散。「マテオは父親の才能を受け継いでいることを示した」(『MARCA』)、代表チームのファンを熱狂させた、カタールでのマテオ・メッシの拡散されているプレー(『infobae』)、「どうやらマテオは父親のドリブルを受け継いだようだ」(『TyC Sports』)と各国メディアに取り上げられた。

 また世界中のファンから「めちゃくちゃ上手い」「ソックリじゃないか!」「早く契約しなきゃ」「アルゼンチンはこの先も安泰だ」「メッシが教えたのか。それとも見ただけで覚えたのか」「ガビみたい」「ロナウドよりドリブルが上手いな」といった声が続々とあがっている。

 やんちゃで知られるマテオ君の今後に注目だ。

(出典:SOCCER DIGEST Web)   


(出典 www.nikkansports.com)
7歳でこのドリブル!遺伝子はしっかり受け継がれてるみたい!将来が楽しみだね!

このページのトップヘ