145634_ext_04_0
(出典:SOCCER DIGEST Web) 

「ソシエダでベスト」躍動した久保建英、現地メディアは劇的弾の同僚を上回る“最高評価”で絶賛!「あらゆる手段を尽くした」「最大のチャンスは彼の足から」


クロスバー直撃のシュートも

 現地時間1月2日に開催されたラ・リーガの第19節で、久保建英が所属する6位のレアル・ソシエダが16位の“昇格組”アラベスとホームで対戦。PKで先制されるも、後半アディショナルタイムにマルティン・スビメンディが劇的な同点ゴールを奪い、1-1のドローに持ち込んだ。

 この試合を最後にアジアカップ出場のためにチームを離れる久保は、攻守に躍動。36分にGKアレックス・レミロが退場し、数的不利のなか、持ち前のキープ力で何度もチャンスを創出する。

 0-1で迎えた後半アディショナルタイム2分には、ペナルティエリアの外からミドルを狙うもクロスバーを直撃。この直後に交代となった。

 この奮闘ぶりを現地メディアも激賞。スペインメディア『El Desmarque』のギプスコア版は、スコアラーのスビメンディよりも高い、チーム最高の「8点」をつけ、こう称えている。

「ソシエダでベストだった。日本人はしばらく離れる前の最後の試合であらゆる手段を尽くし、最大のチャンスは彼の足から生まれた。守備の仕事でもサポート。92分のシュートはクロスバーを直撃した」

 改めて、久保の存在感の大きさを感じさせる試合となった。

(出典:SOCCER DIGEST Web)               
 (出典  @Fooootest) 


(Youtube)

久保建英が数的不利の状況ながら、ソシエダの攻撃を牽引し存在感を発揮!
クロスバー直撃でゴールこそならなかったものの、強烈なシュート惜しかった!
アジアカップでも日本代表で躍動する久保建英に期待しかない!