(出典 nordot-res.cloudinary.com) 

サラーが2G1A!リバプールがニューカッスルを4-2撃破で首位固め!8戦連続先発の遠藤航は変わらず安定したプレー


 現地時間1月1日に開催されたプレミアリーグ第20節で、リバプールは9位のニューカッスルと本拠地アンフィールドで対戦。遠藤航が公式戦8試合連続で先発を果たした。

 アストン・ビラと同じ勝点42で首位に立つリバプールは開始12分、サラーのクロスにヌニェスがダイレクトで合わせるが、モノにできず。直後に遠藤がペナルティエリア手前で放ったシュートも枠を捉えきれない。

 18分には、ヌニェスの抜け出しからディアスがネットを揺らすも、オフサイドで幻のゴールとなる。

 それでも直後の23分、ディアスがペナルティエリア内で倒され、PKを獲得。先制の大チャンスを迎えるが、サラーのキックはGKドゥブラフカにストップされる。

 スコアレスで折り返すと、後半開始直後の49分にヌニェスの横パスからサラーが押し込み、ようやくスコアを動かす。

 ただ先制も束の間、54分にスルーパスからイサクに流し込まれ、わずか5分で同点に追いつかれる。

 再びのリードを目ざし、64分には遠藤の絶妙なクロスにヌニェスがヘッドで合わせるも、惜しくも枠の左に外れる。

 その後も押し込むなか、迎えた74分に勝ち越し点を奪取。サラーとジョッタで左サイドを攻略し、最後はジョーンズが仕留めた。

 2-1としたところで、リバプールは4人目の交代。イエローカードを受けていたこともあってか、いつも通り安定したパフォーマンスを見せていた遠藤を下げ、怪我から復帰したマカリステルを送り込む。この後にアジアカップに向かう日本代表MFは、笑顔でベンチに座るチームメイトとハイタッチを交わした。

 以降、78分にサラーのアシストでガクポがさらに1点を加えた後、セットプレーからボトマンに1点を返されるも、86分にサラーが今度はきっちりPKを成功させ、また2点差とした。

 結局、リバプールは4-2で2024年の初戦を制し、がっちり首位をキープした。

(出典:SOCCER DIGEST Web)            

8戦連続先発の遠藤航に軒並み高評価「定期的に奪い返し、重要なチャレンジに勝利」

【欧州・海外サッカー ニュース】リヴァプールの遠藤航がニューカッスル戦勝利に貢献。

リヴァプールのMF遠藤航が8戦連続先発出場で高評価を獲得している。

リヴァプールは1日、プレミアリーグ第20節でニューカッスルと対戦。遠藤は8試合連続先発。前半をスコアレスで折り返すも、後半にモハメド・サラーの2ゴールなどが生まれ、4-2と競り勝った。

75分までプレーした遠藤について『GOAL』グローバル版では「7」と高評価となり、「中盤でよく戦い、リヴァプールが相手にプレッシャーをかけ続けられるよう、定期的にボールを奪い返した」と評価された。

地元メディア『リヴァプール・エコー』でも「7」と高評価をつけられ、「前半はニューカッスルがほとんど攻めなかった中、リヴァプールのハイプレスを助けた。中断後も同じ調子でプレーし、重要なチャレンジに勝利した」とされている。

また、『90min』でも「7」となり、「フィジカルの強いニューカッスルの中盤を相手に奮闘」と記された。なお、遠藤はこの試合を最後に日本代表へと合流するため、チームを離れる。

(出典:Goal.com)      


(Youtube)


(Youtube)


(Youtube)


(Youtube)

遠藤航が8試合連続スタメンでリバプールの勝利に貢献!
海外メディアも軒並み高評価!完全に信頼を得てチームを離れアジアカップへ!
アジアカップ日本代表でも、主将としてチームを引っ張る遠藤に期待します!