(出典 tokyo-sports.ismcdn.jp) 

アーセナルのアルテタ監督、負傷中冨安のアジアカップ出場について「チャンスはある」「クラブと協会の間で……」


アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、負傷中の日本代表DF冨安健洋がAFCアジアカップ(アジア杯)2023に出場する可能性について言及した。
冨安は、現地時間12月2日に行われたプレミアリーグ第14節のウォルヴァーハンプトン戦の79分に左足ふくらはぎを痛めて途中交代。以降、戦線を離脱している。
負傷前まではアーセナルの守備陣を支える活躍を見せていた冨安。アーセナルは大きな痛手を負うことになったが、それは日本代表にとっても同じだった。

日本代表は、来年1月12日にカタールで開幕するアジア杯で2011年大会以来3大会ぶりの優勝を目指している。だが、冨安の負傷によって、森保一監督は守備陣の再編を余儀なくされた。

しかし、アーセナルのアルテタ監督によると、冨安のアジア杯出場の可能性は“ゼロ”ではない模様だ。同指揮官は記者会見の場で冨安の状況を聞かれると「(状況は)まだ何も変わっていない。残念ながら、まだ試合で起用することはできないからね」としながらも、次のように語った。

「(冨安のアジア杯出場の)チャンスはあると思う。今後どうなるか見てみる必要があるね。まだトレーニングに復帰できておらず、完全復活までに遠い道のりがあるのは事実だ。ただ、正しい方向に向かっていることを願っている」

また、アルテタ監督は「現在、クラブと(日本サッカー)協会の間でいくつかの話し合いが行われている。どのような決断が最適なのかはまだ決まっていない」とも述べている。

(出典:SPOTV news)         

三笘薫 1月アジア杯に間に合う可能性も!左足首の痛み治まり順調回復…参加前向き


 左足首負傷のMF三笘薫(26)=ブライトン=が、日本代表として臨む来年1月12日開幕のアジア杯(カタール)に間に合う可能性が出てきたことが28日、分かった。三笘は21日のイングランド・プレミアリーグ、クリスタルパレス戦で負傷。試合後は左足をプロテクターで固定し、松葉づえ姿でスタジアムを後にしていた。デゼルビ監督(44)は27日の会見で、4~6週間離脱することを明かすなど状態が心配されていた。
 だが、すでにウォーキングを開始するなど順調に回復。患部の痛みも治まってきており、所属チームの許可が下りれば、本人は参加に前向きだという。今後の回復次第とはいえ、負傷後5週を経過する1月28日からの決勝トーナメントで復帰することは十分に考えられる。23日には自身のインスタグラムを更新し、「少し離脱になりますが、また強くなって帰ってきます」と記していた。三笘の合流が実現すれば、日本の3大会ぶり5度目の優勝へ、大きな追い風となる。
(出典:スポーツ報知)                

アーセナル、アルテタ監督が冨安健洋のアジアカップ出場の可能性に言及。
三笘薫も回復状況でアジアカップに出場の可能性が残されている。
どちらも回復具合と、クラブと協会の話し合いの結果、
どんな判断が下されるか、元日のメンバー発表、注目したい。