(出典 img.news.goo.ne.jp) 
遠藤航、リヴァプール約18年ぶりの記録達成!現地メディアも高評価「新たな輝かしいパフォーマンス」

リヴァプールは、プレミアリーグ第19節でバーンリーに2-0で勝利を収めた。

リヴァプールMF遠藤航は、バーンリー戦のパフォーマンスが現地メディアで評価されている。

26日に行われたプレミアリーグ第19節で、バーンリーと対戦したリヴァプール。敵地での一戦となったが、開始6分にヌニェスが先制点を奪うと、試合終了間際にはジョタにもゴールが生まれ、2-0で勝利を収めた。これがリーグ戦3試合ぶりの勝利となり、勝ち点42で暫定首位に浮上している。

年末年始の過密日程が続く中、遠藤はこの試合で公式戦7試合連続の先発入り。中盤の底でフル出場を果たし、勝利に貢献していた。データメディア『Opta』のマイケル・リード氏によると、この試合はリヴァプールにとって直近の13日間で5試合目に。そしてこの期間の試合すべてに遠藤は先発したが、リヴァプールでは2006年1月にスティーブン・ジェラードやジェイミー・キャラガーらレジェンドたちが記録した以来、初めて13日間で5試合連続先発を果たした選手になったという。

そんな日本代表MFに対し、『ESPN』は「7」と高評価。「また新たな輝かしいパフォーマンス。常に正しい位置でボールを回収し、さらに高いエリアでの意思決定は印象的だった。ここ13日間での5試合、すべて先発したのは彼だけである」と守備面での活躍をたたえた。

また『90 min』も「7」とし、「試される時はほとんどなかったとはいえ、プレッシャーがかかる場面もそれをはねのけていた。この日も本当に落ち着いている」と指摘している。『スカイスポーツ』も「7」と高い評価を与えた。

一方で『GOAL』グローバル版のトム・マストン記者は、「5」とやや厳しい評価に。「プレーを切る場面もあったが、特に下位のチーム相手にはボールを持った時のパフォーマンスがまだ十分ではない。終盤には危ないパスで同点弾を許すところだった」とし、攻撃時のパフォーマンスの改善を求めている。

(出典:Goal.com)               


(Youtube)


(Youtube)


(Youtube)


(Youtube)

遠藤航が中2日でフル出場し、追加点の起点にもなりリバプールの勝利に貢献!
13日間で5試合先発という記録を達成。過密日程によるコンディションが心配だが、
完全にチームの信頼を勝ち取り今後の活躍にも期待!!