名だたる猛者を抑え、三笘薫が3位に!海外サイトが左WGランキングを発表!1位と2位はプレミア名門の10番


久保建英は右ウイング部門で9位

 サッカーに関する統計を研究している『CIES Football Observatory』が12月24日、「2023年のトップ左ウイング」10傑を発表。右ウイング部門で9位に入った久保建英(レアル・ソシエダ)に続き、日本代表から三笘薫(ブライトン)がランクインした。
「分単位×試合のスポーツレベル×結果」で独自に算出した点数による順位で、1位に輝いたのはマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)。今季は精彩を欠き、先発を外れる機会も増えているが、あくまで2023年の結果のなかで、大爆発した昨季の貯金が生きた形だ。
 2位はジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・シティ)。チャンピオンズリーグ初制覇を含む3冠に大きく貢献した昨季を経て、今季は新加入のジェレミー・ドクに押され気味だったが、ここに来て出場したリーグ戦で3試合連続ゴールと、その価値を示している。

 そして3位に名を連ねたのが三笘だ。ずば抜けた数字を残しているわけではないが、間違いなく左サイドで圧倒的な脅威に。ブライトンの攻撃の中心として高く評価され、プレミアリーグ名門の10番2人とともにトップ3入りを果たした。
『CIES Football Observatory』が発表した「2023年のトップ左ウイング」10傑は以下の通り。

1位 マーカス・ラッシュフォード(81.8/マンU)
2位 ジャック・グリーリッシュ(81.2/マンC)
3位 三笘薫(77.2/ブライトン)
4位 ヤニック・カラスコ(73.8/アル・シャバブ)
5位 ガブリエウ・マルチネッリ(73.5/アーセナル)
6位 ドゥシャン・タディッチ(73.4/フェネルバフチェ)
7位 フビチャ・クバラツヘリア(71.7/ナポリ)
8位 ケレム・アクトゥルコール(71.1/ガラタサライ)
9位 ペドロ・ゴンサウベス(70.1/スポルティング)
10位 ラファエウ・レオン(69.8/ミラン)

(出典:SOCCER DIGEST Web)        

久保建英が右WGで9位にランクインしたが、
三笘薫は堂々3位にランクイン!!
先日の試合で負傷してしまったが、
しっかり回復してもらい、
またキレキレなプレーを見せる姿に期待!!