145042_ext_04_0
(出典:SOCCER DIGEST Web) 

大一番で好プレー連発!遠藤航を地元メディアが激賞「リバプール加入以来ベスト」「本当に適応した。アジア杯での欠場が残念」


6戦連続で先発!アーセナル相手に抜群の存在感

 現地時間12月23日に開催されたプレミアリーグ第18節で、遠藤航を擁する3位のリバプールは、冨安健洋(怪我で離脱中)が所属する首位のアーセナルとホームで対戦。開始4分で先制を許した後、29分にモハメド・サラーのゴールで追いつくと、勝ち越しのチャンスも作ったが、逆転弾は奪えず。勝点1差で迎えた首位攻防戦は、1-1のドローで終わった。
 公式戦6試合連続で先発した遠藤は、フル出場。絶妙なフィードやショートカウンターに繋がるボール奪取で、90分を通して存在感を発揮し、名門の一員として全く遜色ない活躍を見せた。

 地元メディア『THIS IS ANFIELD』は採点記事で、確実に地位を高めている日本代表MFに8点を付与。リーグ戦直近6試合で4枚目の警告に関しては、「またしてもイエローカードを貰い、出場停止まであと1枚になった」と指摘するも、全体的に高評価をしている。

「エンドウは現在のレッズの選手としては最長の6試合連続で先発を果たし、この日も堅実なプレーを見せた。足が速く、アーセナルにプレッシャーをかける判断も早く、後半の早い時間帯に見事なチャンスを作った。彼は本当に新天地に適応している。来月はアジアカップのため欠場となるのが残念だ」

 また、『90min』と『Anfield Watch』も8点をつけ、揃って今夏に加入以来、最高のパフォーマンスと評した。

90min 「中盤の底で実に上品なパフォーマンス。おそらく、リバプールのシャツを着てのベストプレー」

Anfield Watch 「多分、リバプールでのベストゲーム。非常に闘争的でタックルに強く、(CBの)コナテ、ファン・ダイクとともにピッチ中央で強固な核を形成した」

 評価を急激に高めている遠藤は、このままがっちりと定位置を確保できるか。
(出典:SOCCER DIGEST Web)      
 (出典  @Fooootest)


(Youtube)


(Youtube)

遠藤航が6戦連続先発出場でフル出場!
アーセナル相手の大一番で攻守に躍動し、圧倒的存在感!!
地元メディアからも絶賛されるベストパフォーマンス!
試合に出場し続けることで、完全に信頼を得たね。
素晴らしい!日本代表での活躍にも期待!!