(出典 image.news.livedoor.com)

”ハンマー投げ”に激昂する場面も…久保建英、カディス戦の現地メディア評価は?徹底マークに苦戦「攻撃面では非常に強かったが…」


現地メディアがレアル・ソシエダMF久保建英カディス戦を評価した。

ラ・リーガは21日に第18節が行われ、レアル・ソシエダは敵地でカディスと対戦。試合はスコアレスドローで終えている。

久保はこの日先発フル出場。しかし、84分に相手に腕を引っ張られて投げられるなど、相手の執拗なマークに苦しむことに。

『EL Desmarqe』は久保に対して6点の及第点を与え「攻撃面では非常に強かったが…」と評価。その上で「荒れた試合でとても難しい状況だった」と同情を示している。上記場面で久保はファウルを受けた時に相手を押し倒し、怒りをあらわにしていた。

この試合の結果、レアル・ソシエダは勝ち点を31で6位に。4位アトレティコ・マドリー(1試合未消化)、5位アスレティック・ビルバオには勝ち点4差となっている。

(出典:GOAL)       
(出典  @8itzKLqEtXerQHR) 

 (出典  @TAKEFAN6)


(Youtube)


(Youtube)

ソシエダの攻撃を牽引する久保建英に相手からの執拗なマーク。
殴られたり、投げられたり、なかなか危ないシーンも。
久保建英はそうでもしないと、止められない!!
ソシエダは得点奪えずスコアレスドロー。