(出典 assets.goal.com) 

三笘薫、現地メディアの採点は“7点” 途中出場から2本のシュートを含む再三のチャンスメイクに評価は上々「投入直後から驚異」


プレミアリーグブライトン1-1バーンリー(日本時間12月10日/アメックス・スタジアム)

 ブライトンの日本代表FW三笘薫が、イングリッシュ・プレミアリーグ第16節のバーンリー戦に途中出場し、左サイドから再三にわたってチャンスを作り出した。イギリスメディアも高評価を与えている。

 前節のブレントフォード戦で4試合ぶりとなるフル出場を果たした三笘だったが、今回の一戦はベンチからのスタートとなった。すると1点を追いかけるハーフタイムにララーナとの交代でピッチに立つと、左サイドを攻略。得意のドリブル突破からチャンスメイクし、63分にはボックス手前からコントロールシュートを放つ。後半アディショナルタイムにはダイレクトボレーを狙うがここはGKの好セーブに阻まれた。

 イギリス『スカイ・スポーツ』は三笘に対してチーム3位となる「7点」の評価。さらに試合のライブスコアでは、「三笘は投入直後から脅威になっている」と三笘のチャンスメイクを称え、後半アディショナルタイムの決定機については「後半アディショナルタイムは一方的。三笘がゴール前に現れて強烈なシュートを放つが、トラフォードがバーンリーのゴールを守り続けた」とコメントしている。

 また地元メディア『Sussex World』もチーム3位となる「7点」の評価。寸評では「左サイドで即座にインパクトを与えた。バーンリーの低いブロックに苦戦することも。後半に2つのシュートをブロックされた」と寸評している。

(出典:ABEMA TIMES)        
 (出典  @Fooootest)


(Youtube)


(Youtube)

三笘薫が後半から出場で、左サイドで再三チャンスを演出!
後半ATのダイレクトボレーはGKのスーパーセーブでゴールならず。
決まっていたらスーパーゴールだけどなー。惜しすぎる!
左サイド深い位置まで突破して左足で上げるクロスも増えてきた印象。
あとは味方との連携もあるけど、どれだけ精度を高められるかだね。