小野伸二、ラストゲームは前半21分で交代 浦和&札幌の選手が合同で花道で見送り


直前フリーキックなど見せ場を作った

 北海道コンサドーレ札幌は、12月3日に今季のリーグ最終戦で浦和レッズと対戦。今季限りでの現役引退を発表している札幌のMF小野伸二は、このゲームのスタメンに名を連ね前半21分までプレーした。

 静岡県出身の小野は1998年に浦和へ加入してプロデビュー。オランダの名門フェイエノールトや帰国しての浦和、ドイツのボーフム、地元の清水エスパルス、オーストラリアのウェスタンシドニー・ワンダラーズとキャリアを積んで14年に札幌入り。19年夏にFC琉球へ移籍したが、21年に札幌復帰していた。キャリア最初のクラブとなった浦和との最終戦が現役ラストゲームになる巡り合わせの中で、札幌を率いるミハイロ・ペトロヴィッチ監督は小野をスタメン入りさせた。今季はリーグ戦でベンチ入りもなく、出場は昨年5月25日柏レイソル戦以来となった。

 キャプテンマークを巻いた小野は浦和MF岩尾憲とのコイントスを行いキックオフのピッチへ。ファーストタッチでDF宮澤裕樹にパスを出して左のシャドーに入った。浮き球をワンタッチで味方につなぐプレーなどを見せながら前半19分、タイ代表MFスパチョークが交代出場の準備をするなかで、左45度付近でフリーキックのキッカーに。中央の味方に合わせようとしたがクリアされ、二次攻撃でもゴールに至らずプレーが切れた。

 そして前半21分に小野はスパチョークと交代。札幌の選手と浦和の選手が合同で花道を作り、タッチラインへ歩く小野を送り出した。万雷の拍手のなか、1979年生まれの日本サッカー黄金世代と呼ばれるなかでも中心的な存在だった「天才」は、そのピッチ上でのキャリアを終えた。

(出典:FOOTBALL ZONE) 
 (出典  @DAZN_JPN) 
(出典  @west2424410)

ラストマッチとなる浦和戦、
小野伸二はキャプテンマークを付けて先発出場。
「楽しむ」の言葉の通り、
笑顔でプレーする姿が印象的だった。
前半21分で途中交代。
本音を言えばもう少し観ていたかった。
交代のシーンでは、サポーターの歓声、
札幌の選手だけでなく、浦和の選手も集まり、
花道で見送られてピッチを去る光景。
お疲れさまでした。
これまで、たくさんの素晴らしいプレーを魅せてくれてありがとう!!