(出典 cloudfront-us-east-2.images.arcpublishing.com) 

アーセナル冨安が "前半だけの出場”でチーム最高評価を獲得 圧巻のアシストは現地メディアも絶賛 「右サイドのオーバーラップは本当の脅威に……」


前半だけで2アシストを記録

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5戦でランスと対戦したアーセナル

カイ・ハフェルツの先制ゴールを皮切りに、ガブリエウ・ジェズスブカヨ・サカ、ガブリエウ・マルティネッリ、マルティン・ウーデゴー、ジョルジーニョに得点が生まれ、6-0の大勝を飾った。前半だけで5得点を奪い、強さを終始見せつけたアーセナル。

冨安はこの試合、右SBでスタメン出場し、マルティネッリへの対角線のロングパスからのアシストと、オーバーラップをし、ウーデゴーへのピンポイントクロスでゴールをお膳立てした。右サイドのサカとの関係もよく、チームの完勝に大きく貢献した。

英『Evening Standard』でも、10点満点中7点、8点など高評価を獲得している選手が多い中、デクラン・ライス、サカ、マルティネッリと並び、チーム最高得点の「9」を獲得したのが、日本代表DF冨安健洋だ。

「マルティネッリの単独でのゴールを狙ったパス、ウーデゴーをお膳立てする素晴らしいクロスなど、2つの傑出したアシストで前半を終えた。右サイドのオーバーラップは本当の脅威になったが、HTで交代した」

冨安はハーフタイムで、ベン・ホワイトと交代しており、プレイ時間は前半のみとなったが、現地メディアは最高評価を同選手にしている。

ランス戦に勝利したことで、首位での決勝トーナメント進出を決めたアーセナル。冨安もここまで公式戦18試合に出場し、1ゴール2アシストを記録している。

右SB、左SB、CBのどこでもこなすことができる冨安はアルテタにも重宝されており、最近はスタメンでの起用も増えてきている。

着実にアーセナルにとって欠かせない選手となりつつある冨安の活躍から今後も目が離せない。

(出典:theWORLD(ザ・ワールドWeb))         


(出典 img.news.goo.ne.jp)

【欧州CL】2アシスト冨安健洋にアルテタ監督「素晴らしかった」前半限りの交代は信頼の証し


<欧州チャンピオンズリーグ(CL):アーセナル6-0RCランス>◇1次リーグB組◇第5節◇ロンドン

 アーセナル(イングランド)の日本代表DF冨安健洋(25)はホームのRCランス戦で2アシストをマークした。

 右サイドバックとして5-0の前半終了までプレーし、チームは後半に1点を追加して6-0で大勝。勝ち点を12とし、B組首位で16強入りを決めた。

 日本代表での活動を挟んでチームの公式戦5試合連続の先発となった冨安は、前半13分にMFハーバーツの先制点の起点となる浮き球のパスを送ると、3-0となった27分には右か左に大きく展開し、FWマルティネリのゴールをアシスト。前半終了間際にも自陣ペナルティーエリア内から全速力で前線に攻め上がり、右からのクロスでMFウーデゴールのチーム5点目をお膳立てし、前半限りで退いた。
 冨安についてアルテタ監督は「素晴らしかった。彼は最近、長い時間プレーしている。この過密日程の中、現時点で最終ラインの選手が不足しおり、このスコアを利用して冨安を休ませた。他の選手にプレー時間を与える必要があった」と前半だけで交代させた理由を説明し、冨安への信頼を示した。

(出典:日刊スポーツ)    

前半のみの出場で2アシストと攻守に躍動した冨安健洋を現地メディアが最高評価!
前半で交代させた理由も「過密日程で休ませるため」というもので安心。
アルテタ監督のコメントからも冨安への信頼が感じられる。
今後も活躍に期待しかない!!

■過去記事