久保建英、74分から途中出場で流れを劇的に変える!惜しいFKも...ソシエダはザルツブルクとスコアレスドロー【CL】


主力5選手をベンチスタートに

 現地時間11月29日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第5節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがオーストリアのレッドブル・ザルツブルクとホームで対戦した。

 すでに、グループステージ突破を決めていることもあり、久保ら主力5選手をベンチスタートにしたソシエダは、開始15分にカウンターからピンチを招くもシュートはポストに助けられる。

 なかなか均衡を破れないソシエダが、右SBのトラオレとの二枚替えで右ウイングに久保を投入したのは74分だった。

 これで攻撃が活性化し、84分には久保がキレ込んでバレネチェアにパス。しかし、折り返しのボールを受けたスビメンディのシュートは枠と捉えられない。

 その後もキレのよい動きを見せた日本代表MFは、アディショナルタイムにドリブルで仕掛けてFKを獲得。これを自ら狙うもGKの好セーブに阻まれる。その直後にも久保がシュートを狙うも、GKの正面を突く。

 14番が劇的に流れを変えたものの、ソシエダはスコアレスドローに終わった。

(出典:SOCCER DIGEST Web)        
 (出典  @jwBspaki5QMbkoy)



(Youtube)


(Youtube)

過密日程で、久保建英は74分から途中出場。
流れ変えるも得点は奪えずスコアレスドロー。
FK惜しすぎる!!!