(出典 contents.gunosy.com) 

フェイエノールト、後半から出場の上田綺世が躍動もアトレティコに敗戦…CLグループステージ敗退でELに回る


28日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループE第5節、フェイエノールトはホームでのアトレティコ・マドリー戦を1-3で落とした。FW上田綺世はベンチスタートとなり、後半から出場。ゴールこそなかったが確かな存在感を放っていた。

決勝トーナメント進出の可能性を残すためには勝ち点がほしいフェイエノールトだったが、やはりスペイン、ひいては欧州を代表する強豪に数えられるアトレティコは強い。

シメオネ監督(CL100試合目の指揮)率いるチームはあらゆるポジションに顔を出すグリーズマンを中心に攻勢を仕掛け、14分に先制点を獲得。コケの左CKがファーに流れて、ボールを拾ったマルコス・ジョレンテが素早くクロスを送ると、これがルチャレルのオウンゴールを誘発している。
1点ビハインドで試合を折り返したスロット監督は、ハーフタイムにパイシャオンを下げて上田を投入。日本人FWは後半開始直後から積極性を発揮し、アトレティコの5バックを相手に裏抜けやセカンドボールからゴールを狙っていく。49分にペナルティーエリア内でエルモーソのクリアボールを拾ったが、ヒメネスのカバーリングを前にシュートまで持ち込むことはできなかった。

そして57分にスコアが動いた。動かしたのは、またもやアトレティコ。パブロ・バリオスの浮き球からエルモーソがペナルティーエリア内左に入り込み、左足で中央に向けてボールを叩くと、これがGKビユロウの頭上を越えて枠内に収まっている。狙っていたのかクロスだったのかはともかく、角度のないところから綺麗な弧を描いた弾道で、エルモーソ(スペイン語で美しいの意味がある)という名前らしい、まさに美麗なゴールだった。
2点のビハインドを負ったフェイエノールトは61分、ロングボールからペナルティーエリア内に入り込んだ上田が、モリーナの股を抜く左足のシュートでゴールをうかがったが、これはわずかに枠の左に外れる。上田の意欲あふれるプレーはその後も際立ち、76分には強引に打ったシュートからCKを獲得してチームの1点目を導いた。フェイエノールトはこのCKからマッツ・ウィーファーがヘディングシュートを決めている。
フェイエノールは上田が前線を活性化させて勢いを手にしたが、やはり相手はアトレティコ。堅守速攻も得意の同チームは2失点目を許さず、81分には3点目を決めた。左サイドからのフリーキック、ナウエルが蹴ったボールがサンティ・ヒメネスの頭によるオウンゴールを誘発した。

フェイエノールトは86分、上田がまたも最終ラインを突破し、送られた浮き球に右足で合わせたがこれは枠を捉えることができず。アトレティコが2点リードを維持したまま、終了のホイッスルが吹かれている。なおスペインでは、テレビ実況で「ウエダが入ってフェイエノールトの前線はとても良くなった」「ウエダはウエスカにいたオカザキ(岡崎慎司)を思い出させる。同じ日本人だしね」「ウエダは警戒すべきFWとされたサンティ・ヒメネスより良かった」とコメントされるなど、上田はフェイエノールトの中でも強い印象を与えたようだった。

なお同日に行われたラツィオ対セルティックは2-0でラツィオが勝利。これでグループEの順位は首位アトレティコ(勝ち点11)、2位ラツィオ(勝ち点10)、3位フェイエノールト(勝ち点6)、4位セルティック(勝ち点1)となり、アトレティコとラツィオのCLグループステージ突破が決定した。フェイエノールトがヨーロッパリーグに回ることになり、セルティックは最下位で敗退している。

■試合結果
フェイエノールト 1-3 アトレティコ

■得点者
フェイエノールト:マッツ・ウィーファーが(77分)
アトレティコ:ルチャレル(OG、14分)、エルモーソ(57分)、サンティ・ヒメネス(OG、81分)

(出典:GOAL)      

「上田綺世がスタメン起用要求」CLアトレティコ戦でフェイエノールトFW失態

 フェイエノールト所属の日本代表FW上田綺世は、28日開催のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)アトレティコ・マドリード戦で途中出場。ポジション争いのライバルであるメキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネスが低調なパフォーマンスに終始しただけに、現地メディアから期待を寄せられている。

 オランダ1部リーグでここまでスタメン出場ゼロと、控え要員に甘んじている上田。ヒメネスがすでにリーグ戦で2桁ゴールを挙げるなど絶対的ストライカーとして活躍する中、上田をスタメン起用しないアルネ・スロット監督の采配に、フェイエノールト元監督のヴィレム・ファン・ハネヘム氏が疑問の声を上げていた。

 そんな中で迎えたアトレティコ戦では、再びヒメネスが先発出場。しかし前半を0-1で終えると、スロット監督は後半からFWイゴール・パイシャオンに替えて上田を投入。上田が相手DFと互角のマッチアップを繰り広げた一方、ヒメネスは1-2で迎えた81分にオウンゴール。チームは1-3と敗れている。

 オランダメディア『Voetbal』はアトレティコ戦出場選手を採点したが、上田とヒメネスの評価で明暗が。上田には「6」(10点満点)と及第点の評価を与えるとともに「少なくとも複数回にわたり相手DFのブロックを振り切った。この日本人選手は、より多くのスタメン出場やプレータイムを要求し始めている」と綴っている。

 一方で本来の決定力が影を潜めたヒメネスにはチーム最低タイの「4」を与えた上で「ヒメネスは味方のサポートを必要とするストライカーだ。そうならなければ、ほとんど何も残らない。前半に5度しかボールに触れなかった彼は、後半開始早々に絶好のチャンスを逃した。終盤にはゴールネットを揺らしたが、決める方向を間違えた」と厳しい言葉を並べている。

 なおヒメネスは25日開催のオランダ1部リーグ戦で先発出場した際、ハットトリックを達成したものの、シュートを無人のゴールマウスに流し込めず、クロスバーを越えるという大失態も犯した。アトレティコ戦でもパフォーマンスを踏まえて、スロット監督が上田のスタメン起用を決断するか注目が集まる。

(出典:Football Tribe Japan)


(Youtube)



上田綺世がアトレティコ戦、後半から途中出場し、
存在感を見せるも結果は出せず、フェイエノールトもCL敗退。
強豪相手にゴールという形でアピールしたかったところだけどね。
スタメンで活躍する上田綺世が観たい!!