(出典 sakanowa.jp) 
ソシエダ久保建英の隔離に西紙疑問「奇妙だ」JFA説明の矛盾指摘も

 レアル・ソシエダ所属の日本代表MF久保建英は、24日開催のキリンチャレンジカップ2023ウルグアイ戦を欠場。同選手は新型コロナウイルス検査で陰性が確認されなかったことを理由に隔離されているが、スペイン国内では日本サッカー協会(JFA)の見解に対する異論が沸き起こっている。

 久保は今月19日のラ・リーガ(スペイン1部)エルチェ戦でゴールを決めた後、代表活動参加のため帰国。帰国前にコロナ感染の疑いがある症状があったと検査を受けたものの、21日から3日間にわたり陰性が確認されなかったため、ウルグアイ戦でメンバー外となっていた。

 またJFAは症状が見られた日時について、「スペイン滞在中の今月16日」と説明。日本政府の新型コロナ関連規定では症状が無くなった時点から7日後に隔離解除が認められることから、同選手は24日に隔離期間を終えたとみられる。

 するとスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』は「久保が奇妙な隔離期間を終える」と見出しをうち、「彼は今後日本代表のトレーニングに参加し、(今月28日の)コロンビア戦で出場可能となる」とリポート。

(出典:Football Tribe Japan)           


(出典 ssn.supersports.com)

久保建英がついに全体練習に合流 前田大然はこの日も別メニュー調整…28日にコロンビア戦


  サッカー日本代表「第2次森保ジャパン」が25日、中3日で迎える28日の親善試合・コロンビア戦(ヨドコウ)に向けて、千葉県内で練習を再開。この日からFW久保建英(Rソシエダード)が、代表の全体練習に合流した。

 久保は帰国時の新型コロナウイルスの検査で陰性の確認がとれず、21日から23日まで全体練習を欠席。24日のウルグアイ戦(国立)も欠場していたが、この日はアップから元気な姿を見せた。

 なお8日のリーグ戦で負傷した左膝の影響で初日から別メニュー調整を続けていたFW前田大然セルティック)は、この日も別メニュー調整となった。

 第2次森保ジャパンの初陣となった24日のウルグアイ戦(国立)は、先制点を与えたが、MF西村のゴールで、1―1の引き分けだった。

(出典:スポーツ報知)          

コロナ罹患中にエルチェ戦に出場してゴールを決めていたと、スペイン紙に矛盾を指摘されているけど、やっと久保建英が合流!コロンビア戦の活躍に期待!!

■過去記事