(出典 f.image.geki.jp)

W杯優勝のメッシはマラドーナを超えたのか。アルゼンチンサッカーを40年追ってきた自国ベテラン記者の見解


リオネル・メッシのアルゼンチンがついにワールドカップを獲り、話題になるのは1986年にW杯を制し英雄となったディエゴ・マラドーナとの比較だ。マラドーナの時代から約40年に渡りアルゼンチンサッカーを追いかけてきた自国のベテラン記者は、今、このふたりをどう見ているのか。

【マラドーナはもっとも神に近いアイコン】

 リオネル・メッシはついに、ディエゴ・マラドーナを超えたのか──

 カタールW杯決勝でアルゼンチンがフランスをPK戦の末に下すと、待ってましたとばかりにこの議論が再燃している。

 1986年のメキシコW杯で、ほぼ独力でアルゼンチンを優勝に導いたマラドーナは、この国でもっとも神に近い存在と崇められてきた国民的アイコンだ。

 翌1987年にロサリオで生まれたメッシは、少年時代にバルセロナに引き抜かれ、クラブレベルではチャンピオンズリーグや各国リーグとカップなど、すべてを手にしてきた。数多の個人記録を塗り替え、バロンドールには7度も輝いているし、印象的なゴールも枚挙にいとまがない。

 しかしこれまでに4度挑戦したW杯では、2014年のブラジルW杯で一度だけ決勝に進出したが、ドイツの前に屈している。そしてW杯のタイトルを持っていないことから、ほかの実績でいくら優れていようとも、マラドーナを超えることはないと言われてきた。

 至高のタイトルの有無に加え、出自やパーソナリティーも、マラドーナのほうが愛されてきた理由だ。貧しい家庭に生まれ、自国のリーグで十分に活躍してから欧州へ渡り、バルセロナのあとにナポリという中小クラブを選択し、伝統的なビッグクラブを抑えてスクデットを獲得。メッシは母国のクラブでのプロキャリアを持たないため、アルゼンチン人からのサポートを得られるまでに時間がかかった。

【いずれ、マラドーナになれるかもしれない】

 またマラドーナは開けっぴろげのお親分肌の性格で、誰とでも気さくに接し、幼少期の自身のように恵まれない人はもちろん、国のトップや革命家などとも交流を深めてきた。かたや、メッシは内気な性格で交際範囲も限られている。

 マラドーナが活躍した頃は、SNSはおろか、インターネットもない時代で、ビッグスターが生まれやすい土壌があった(現在は人々の趣味や趣向が細分化され、ほとんど誰もが称えるスターというのは、どんな分野でも生まれにくい)。

 だからメキシコW杯で優勝しただけでなく、その過程で憎きイングランド──「英国はマルビナス戦争で多くの若いアルゼンチン人の命を奪った」とマラドーナは言った──を相手に"神の手のゴール"と"5人抜きゴール"を決めた英雄は、完全に神格化されていた。むろん、アルゼンチンのメディアは、マラドーナに心酔している人ばかりだった。

 アルゼンチン人記者たちは、メッシが台頭してきて見事な活躍をし始めた時、まずはマラドーナに感想を求めて、彼がメッシを褒めたら自分たちも同調するという姿勢だった。

 マラドーナも当初はメッシを手放しで讃えていたが、彼が代表監督として若き日のメッシを連れて2010年の南アフリカW杯に参戦してからは、トーンが変わった。なぜなら、準々決勝でドイツに0-4と大敗して大会を去ることになり、その失敗がふたりの間柄に傷をつけたからだ──誰も大きな声では言わなかったことではあるが。

 その頃からマラドーナは、「メッシはリーダーではない」と何度も公言するようになり、メッシにのしかかる重圧はさらに増していった。ラ・リーガやチャンピオンズリーグを制し、得点王やバロンドールに輝こうとも、メディアやファンは「いずれ、マラドーナになれるかもしれない」と言うにとどめていた。

【実績は間違いなくメッシがマラドーナを凌駕】

 しかし今、メッシはついにW杯までも手に入れたのだ。タイトルや実績だけで言えば、間違いなくメッシがマラドーナを凌駕している。メッシは代表でもクラブレベルでも、主要タイトルはすべて獲得しているが、マラドーナはコパ・アメリカとチャンピオンズリーグ(前進のヨーロピアンカップ時代を含む)を獲っていない。

 またマラドーナ本人が「あんなもの(コカイン)に手を出さなければ、自分のキャリアはもっとすばらしいものになっていた」と引退後に振り返っていたように、彼のキャリアは長くなかった。かたやメッシは現代のトップアスリートらしく、常に入念に心身をケアし、食べ物や私生活にも気を配っている。

 近年はパーソナリティーにも変化が見られ、世界一になった。

 あるいは──、このような見方は不要かもしれないが、マラドーナが2020年に天に召され、もう誰も御大にメッシの評価を伺う必要がなくなったから、メッシが感じていた重圧が軽減され、2021年のコパ・アメリカ、そして2022年のW杯に手が届いたのかもしれない──。マラドーナとは、アルゼンチン人にとって、それほどまでに大きな存在なのである。

 メッシとマラドーナ、どちらが偉大か? どちらも偉大だとしか、私には言えない。意見は世代や趣向によって異なるはずだし、結局のところ、そんな議論もまたフットボールの醍醐味のひとつだ。

(出典:webスポルティーバ)               


(出典 sportiva.shueisha.co.jp)

1

メッシが33年ぶりの「スーパーバロンドール」受賞なるか 過去1人だけの史上最高選手賞

https://news.yahoo.co.jp/articles/76eda7b30b06206620fb39c47b686be6381fafba



15
超えた
唯一欠けてると見られてたリーダーシップもワールドカップ優勝で証明してみせた

16
>1
ディステファノ超えの聖メッシであることも間違えないよな

マラドーナ論争も超えた
ペレもまあ超えたと素直に認めてほしい

クライフを超えたかはあえて微妙だと言わせていただく
ペップと共に
選手個人としてはもちろん超えてることは否定しないけど

24
マラドーナのプレーの方がサッカーの楽しさが伝わる
メッシのプレーは実際的過ぎて美しくない
アウトサイドでロングパスとかせんだろメッシは

26
マラドーナが、あの神の手も含め神だったことを俺は否定しないよ
ただメッシはそれこそ本当、人の技術と心で持ってその神を越えた

若くから本当の神とされざるをえなかった小さな人間の挑戦の最高峰だろ
そのエゴを吸収するここと重圧に耐えることと同時に可能にしたのがマシアでもある

今のペップが本当に作りたいのも

31
越えたかどうかは時代が違うから比べようもないが少なくともこれ以上に物語性のあるキャリアを歩めるスポーツ選手は現れないのではないだろうかとは思う

43
正直マラドーナは超えられないよ
激しく削られるだけじゃなくて今なら悪質なファウルとられる体当たりとかユニフォームを引っ張られるとかの時代に傑出してたからな
これはバスケのマイケル・ジョーダンとレブロン・ジェームズを比べることと似ている

46
>>43
メッシの方がはるかに厳しい環境で
長期間活躍し続けて結果を出しているからね

クラブ代表ともにメッシペレよりマラドーナは下だし
マラドーナはCLどころかコパアメリカすら取れてない


時代も違うし、人それぞれ考え方が違うからね…。論争はまだまだ続く…。