ドイツ戦後半の選手起用見たら、予想がますます難しい!けど楽しい!!
森保監督が今度はどんな起用法で楽しませてくれるのか。


(出典 media.gqjapan.jp)

【コスタリカ戦のスタメン予想】思い切ったターンオーバーを活用へ。W杯デビュー組の谷口、山根、守田らを経験者と絡ませたい

11月27日、日本代表はカタール・ワールドカップのグループリーグ第2戦、コスタリカ戦に臨む。

 初戦でドイツに2-1で逆転勝利を挙げた日本と、スペインに0-7で大敗したコスタリカ。チーム状況は大きく異なるが、一瞬の隙が大きな落とし穴になるのがワールドカップある。

 長友佑都も「一番大事なのは勝ったからと言って油断せずに、気を引き締めること。次に負けてしまうと意味がないというか。もう一回引き締めてやりたい」とチームに呼びかけた。

 森保一監督はメンバーに関しては前日会見で「1試合目の疲労を考えて決めていきたいです。試合前の発表を楽しみにしてもらえればと思います」を含みを持たせたが、中3日での連戦を考えれば、ターンオーバーを取り入れることは確実だろう。

 さらに鎌田大地は「自分たちである程度ボールを持てると思いますし、引かれた相手に対しても、今の日本は足もとのある選手が多いので、上手くやっていきたいです」との見解を示している。

 コスタリカは元々、守護神ケイラ―・ナバスを中心とした粘り強いディフェンスが売りのチーム。そういう意味では、よりポゼッションで力を発揮できる選手、且つ、ドイツ戦に出番がなく試合に飢えている選手らがメインに起用されるのではないか。

 ちなみに左太ももを痛めている酒井宏樹、右太ももに違和感を抱いている冨安健洋はコスタリカ戦に向けた3日間の練習はすべて別メニュー調整。酒井は「大会期間中にしっかり戻ってこられるようにしたいです」と話し、冨安は「ドイツ戦も正直、入ってすぐ違和感を感じる中でやっていた」と明かしており、ふたりのコスタリカ戦の出場は厳しい状況と言わざるを得ない。

 そのなかで守護神はドイツ戦で好セーブが光った権田修一だろう。最終ラインの右は長友を回す手も考えられるが、気合十分の山根視来に期待したい。一列前の堂安律と守備のバランスも調整している様子だ。

 CBは「チャンスを得られるか分かりませんが、いつ出ても良い準備をしています」を自信を覗かせる谷口彰悟の起用を考えつつ、相棒は板倉滉の線もあるが、谷口、山根がワールドカップデビューを飾った場合には、やはり経験豊富な吉田麻也が必要になりそうだ。

 その点は左SBも同様で伊藤洋輝も候補だが、最終ラインを安定させる意味では長友がベターか。もっとも長友が先発した場合でも、早めの時間での伊藤との交代策が予想される。

2列目の並びは頭を悩ませる

 ボランチは、左ふくらはぎの違和感で出遅れるも、準備は整ったことを強調している守田英正の言葉を信じつつ、ボールを握れるとなれば柴崎岳とのコンビか。

 2列目はタレント豊富なだけに予想が難しいが、ドイツ戦でゴールを奪い勢いに乗る堂安律を生かさない手はないだろう。トップ下は南野拓実と久保建英が候補も、経験値を含めれば前者になるか。

 左も三笘薫と好調の相馬勇紀が揃い甲乙つけがたい。ともに先発でもジョーカーでも働けるだけに、試合展開によって使い分けることも可能だろう。

 CFはフィニッシャー役として注目したい上田綺世か。コスタリカは勝利が必要な状況で、どこかのタイミングで前に出てくるはず。日本はその動きを逆手に取って攻撃を構築したいところ。チャンスをきっちりモノにできれば、試合を優位に進められるはずだ。

 谷口、山根、上田、守田、相馬らはピッチに立てば嬉しいワールドカップデビューを果たす。彼らの奮起に期待しつつ、経験者たちとの絡みに注目したい。

■日本代表 コスタリカ戦スタメン予想画像

(出典:SOCCER DIGEST Web)                



(出典 the-ans.jp)

日本代表、W杯コスタリカ戦の「予想スタメン&フォーメーション」! 久保建英&三笘薫など、ターンオーバーと初戦継続のどちらを採るか…1トップには“新たな選手”を起用か


 11月27日、日本代表はコスタリカと対戦する。23日に行われたカタールワールドカップ初戦のドイツ戦に勝利したサムライブルーは、その勢いのままに第2戦に挑む。

 この試合の先発メンバーを予想するうえで最初に押さえておきたいのが、日本代表の置かれた状況だ。ドイツ、コスタリカ、スペインと同居するグループにおいて、第1戦で勝利したのは日本とスペイン。そのため、第2戦の結果次第では日本とスペインがグループリーグ突破の可能性も秘めた一戦となる。

 日本が第2戦で勝ち上がる条件は、日本が勝利したうえで、スペインがドイツに引き分け以上であること。日本としては第3戦でスペインに勝たなければいけないという状況は避けたく、ここで白星がほしい。一方でコスタリカは、日本に勝って第3戦に望みをつなげたい状況となる。

 ここで一つ大事なのが、日本代表はベスト8を狙っているということだ。そうなると、中3日の3連戦のどこかで、日本はターンオーバーをする必要がある。同時に、森保一監督は、東京五輪で指揮と執った経験から、強度の高いゲームが続くことによる選手の疲弊・疲労を一つのテーマとしており、今大会が始まる前から、第2戦でメンバーを多く入れ替えると見られていた。9月のドイツ遠征でのアメリカ戦とエクアドル戦で、選手がまったく異なったようにだ。

 しかし、日本が初戦に勝ったことで、コスタリカ戦の重要度はさらに高まった。そのため、ドイツ戦のメンバーをベースにして初戦の勢いをそのまま生かすのか、あるいは、ガラっと変えてターンオーバーを採用するのか。コンディションの問題もあるため、その間でバランスを取ることになると思われる。

 そのため、2パターン予想したい。「ターンオーバーパターン」と「ドイツ戦継続パターン」だ。

■酒井宏樹は出場が困難か

 ドイツ戦では後半から3バックにシステムを変更する勝負の采配で逆転勝利を勝ち取ったが、コスタリカ戦でスタートから3バックを使うとは考えにくいため、今回も「4-2-3-1」で予想したい。

 まずは、初戦をベースにした「ドイツ戦継続パターン」だ。

 GKは第1戦でマン・オブ・ザ・マッチに選出された権田修一が引き続き守るだろう。ドイツ戦前半にPKを与えるなどしたものの、ここで守護神を変えることはないはずだ。

 最終ラインでは、酒井宏樹が外れる可能性が高くなっている。ドイツ戦での接触によって太ももに違和感を抱えており、試合翌日と翌々日の全体練習に姿を見せていなかったのだ。25日の取材対応で痛みがあることを明かしており、その代役として山根視来と長友佑都が考えられる。FC東京では右SBでプレーしている長友に関してはコンディション次第ということになるだろうか。

 そのため、第1候補は左から伊藤洋輝、吉田麻也、板倉滉、長友佑都(山根)となるだろうか。長友と左SBのポジション争いをしていた中山雄太の離脱後、代わって招集されたのはFWの町野修斗で、左SBにはカナダ戦などでも起用されていた伊藤が入るだろう。

■2列目の役割

 中盤は田中碧に変えて守田英正が先発復帰か。現地時間24日の取材対応で守田は、ドイツ戦でも先発できた状態であったことを明かしており、第1戦こそベンチから見守ったものの、コスタリカ戦ではスタートから行くのではないか。

 守田とWボランチを組むのは遠藤航だろう。東京五輪を森保監督と戦い抜き、さらに、ドイツ代表戦で圧倒的なデュエルの勝率を誇った背番号6は、きっとスタートからピッチに立つはずだ。ただし、本大会直前に別メニュー調整となっていたため、当然、コンディションを見ながらにはなる。

 攻撃的な選手3人がどう並ぶかは、とても難しいポイントとなる。というのも、日本代表はおそらく、いつもとはやや違ってハーフレーンに人を配置して、大外を取るのはSBという可能性があるからだ。内向きのドリブルと、それ以上に、この試合では背後への飛び出しが求められることとなる。無数の組み合わせがあるが、ドイツ戦を継続するパターンであれば、その先発メンバーと同じ並びか。

 ちなみに、ドイツ戦後に伊東は「中3日の方が調子がいい」と語っており、現地時間25日の練習後にも重ねて、「今は2日目なので体が重いが、中3日の方が体が動く」と話しているので、快速ドリブラーのコンディションには期待したい。

■前節は前田が先発した1トップ

 1トップの候補者は4人。ドイツ戦で先発した前田大然、決勝ゴールを決めた浅野拓磨、そして、まだ出番のない上田綺世と町野修斗だ。勢いを考えれば浅野の名前が真っ先に挙がるが、起用されるのは上田か。                

 もともとの26人で呼ばれていたのは、浅野、前田、上田の3人。この中で、上田だけがタイプの違うFWで、体幹の強さを生かして前線で起点を作ることができる。他に古橋亨梧も候補にあった中でポストプレイヤーを呼んだのは、コスタリカ戦に備えてのものだろう。上田をスタートで起用し、途中交代で浅野や前田を送り込むか。

 なお、「ターンオーバーパターン」は、GKに権田修一、最終ラインは左から伊藤洋輝、吉田麻也、谷口彰悟、山根視来。中盤は守田英正、遠藤航、柴崎岳、南野拓実、堂安律か。FWは上田綺世だ。

 2列目がやはり難しく、カナダ戦で背後に抜けてゴールを決めた相馬勇紀の起用も考えられる。また、三笘薫をジョーカーとしてあえて残すか、それとも先発にするのかも注目される。

 日本代表はグループリーグ突破をかけて、11月27日にコスタリカに挑む。キックオフは日本時間の午後7時。地上波ではテレビ朝日で中継される。ドーハを悲劇から歓喜の地へと変えるため、26人全員で勝利をつかみ取る。

(出典:サッカー批評Web)


(出典 soccerhihyo.ismcdn.jp)

(出典 soccerhihyo.ismcdn.jp)

【W杯】堂安律スタメン濃厚 トップ下に久保建英、左に相馬勇紀で2列目五輪トリオの可能性


 ドイツ戦で結果を出し、日本を救ったMF堂安律が、コスタリカ戦で先発する可能性が高まった。

 得点したその勢いとともに、体を張り、しっかりと守備でも貢献できる。攻守で起用メリットが見込める。相手の左サイド、対峙(たいじ)することになる18歳のMFベネットは、突破力が武器。所属のフライブルクでも守備を重視する戦術の中でしっかり結果を出している堂安。突破力のある伊東と特徴は違うが、適任。24日には、「まだ歴史は変わっていない」と言い切るなど、強心臓も頼もしい。

 トップ下には、堂安と好連係、あうんの呼吸が見込まれるMF久保建英が浮上してくる。東京五輪ではダブルエースとしてチームを4強に導いた。堂安が「感じたままに動くのが、もっとも2人の特徴を引き出し合える」と言えば、久保は「(堂安は)自分ならこうしてほしいというプレーをする。波長が同じ」と語っている。初戦7-0で勝ったスペインがコスタリカのDFラインを崩したような、連係が期待できる。

 ドイツ戦ではMF鎌田がトップ下で先発し、フル出場した。鎌田の走行距離はチーム最長の12.4キロ。一方、久保は前半で交代しており、中3日でも、コンディション的には問題なさそう。スペイン戦やその先を見据えた戦い。目標は日本代表史上初の8強。森保監督は兼任監督として東京五輪を率いた経験も武器の1つ。積み上げも生かし、久保&堂安の連係に活路を見いだす可能性は十分にありそうだ。

 久保が中央に入ると、左サイドにはMF相馬勇紀が浮上する。こちらも東京五輪世代。本大会直前に行われた17日の国際親善試合カナダ戦(UAE)では代表初ゴールと、好調を維持している。「(相手は)真ん中を固めてくるので、サイドで1対1で(マークを)はがすところは大切になる。仕掛けは、相手が嫌がるくらいいきたい」と意気込んでいる。

 ドイツからの歴史的勝利は過去のこと。大胆なシステム変更で金星を手にした森保監督が、大胆なメンバー変更で再び勝負師の采配を見せるのか-。戦いは、試合前から始まっている。

■日本-コスタリカ、予想スタメンと選手の市場価値

(出典:日刊スポーツ)

■スタメン予想画像いろいろ