コスタリカ戦は厳しいだろうけど、その先が出れるのか、だよね。

(出典 www.football-zone.net)

「好きに書いてください」DF冨安健洋が負傷報道に煙幕 ドイツ戦で太ももに違和感


FIFAワールドカップ森保ジャパンのDF冨安健洋(24=アーセナル)が抱える負傷の状態に懸念が高まっている。

 冨安は23日のドイツ戦に後半開始から途中出場して2―1の逆転勝利に大きく貢献した。しかし試合中に右太もも裏に違和感を発症。3日の欧州リーグ(EL)チューリヒ戦で痛めたばかりの箇所で再発となってしまっただけに、今後に不安が高まっている。

 次戦のコスタリカ戦(27日)に向けて26日に取材に応じた冨安は「大事な試合なので、勝ち点3のアドバンテージを失うことを恐れずにやるべき」と語る一方で、自身の状態については「うーん、まあ好きに書いてください」と苦笑い。

 さらに「正直、ドイツ戦も入ってすぐ違和感を感じる中でやっていたので」と患部に不安がある中でプレーしていたことを明かした。

 日本の守備陣の大黒柱だけに心配だが「ちゃんと検査をしてあんまり悪くなかった。今日は別(メニュー)でやったけど、出るかもしれないし出ないかもしれないし。今日もグラウンドでやったし」と〝軽傷〟を強調した。

 直近の試合出場は難しそうだが「こういう短いコンペティション(大会)では、チーム力も大事になってくる。あとはいい選手たちがたくさいるのでしっかりチームとして勝てればいい」とチームメートの力を信じて勝利を託していた。

(出典:東スポWEB)